今日は何の日

7月13日は野村英夫の帰天日

投稿日:2019年7月13日 更新日: -

 

今日7月13日は野村英夫(のむら・ひでお、1917~48年)の帰天日です。東京・青山に生まれ、早稲田大学仏法科に学びました。受験勉強の無理から発病し、毎年夏には長野県追分や軽井沢などで転地療養し、そこで堀辰雄や室生犀星、立原道造、津村信夫、福永武彦、中村眞一郎などを知りました。

26歳の時、カトリック高円寺教会で洗礼を受けましたが(洗礼名アウグスチヌス)、31歳で肺結核のため亡くなります。

……幾片かの聖体が
地に落ちたのだつた。
……私はそのとき
……地に臥した人の血と肉を
地に落ちたキリストの血と肉とを
ありありと思つた
さうしてやがて聖体に宿つた
キリストの血と肉とは
私の血の肉とのなかに
流れてゆくのを感じた(地に落ちた聖体)

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-今日は何の日
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.