7月18日は日野原重明の召天日

 

今日7月18日は日野原重明(ひのはら・しげあき)の召天日です。

メソジスト教会の牧師であった日野原善輔(ぜんすけ)の次男として山口県で生まれました。7歳のとき、日本メソジスト神戸中央教会(現・日本基督教団・神戸栄光教会)で洗礼を受けます。

母親(満子)も日本メソジスト山口教会の信徒で、少年時代、母親の命をある医師が救ってくれたことから医学の道を志すようになり、37年、京都帝国大学医学部を卒業。その後、いくつかの病院勤務を経て、41年、聖路加国際病院で内科医として働き始め、やがて同病院の院長や理事長などを歴任しました。

(写真:Karsten Thormaehlen)

1945年8月15日、33歳のとき、聖路加国際病院のチャペルで玉音放送を聞いたといいます。大学の時に大病を患ったため、徴兵されなかったのです。

戦争中は、病院の塔にある十字架が切断され、敷石に刻まれていた「神の栄光と人類奉仕のため」の文字も憲兵に咎められ、御影石の板を上に置いて敷石に釘で打ちつけたといいます(今もこの時のくぎの穴が残っている)。

日野原は言います。

「他人の価値観や尊厳を否定するという意味において、いじめと戦争は同じ。互いに許し合えば、平和がやってくるはずです。聖書には『右の頬を打たれたら左の頬を出しなさい』と書いてある。殴られても殴り返さずに耐えるという日本の憲法も、聖書と同じ、耐える精神が盛り込まれています。憎いと思う相手を、耐えて許すことが何より大切なのです」(日経ビジネス

Share

Related Posts

  1. 【東アジアのリアル】 「国家安全法」が突き付けた重い試練 倉田明子 2020年7月11日

  2. モアイはどうやって立ったのか

  3. 3月6日「最後まで耐え忍ぶ者は救われる」

  4. 5月5日「彼らを自分のそばに置くため」

  5. 【今日は何の日】8月20日 蚊の日

  6. 2020年10月21日「そして、ある人を使徒、とされたのです」

  7. 【今日は何の日】1869年10月2日 マハトマ・ガンジーの誕生日

  8. 3月27日「神の恵みにより、義とされる」

  9. 9月28日は関西学院大学の創立記念日

  10. 8月7日ははだしの英雄アベベの誕生日

  11. 【イースター・メッセージ】神さまが共におられる神秘(48)稲川圭三

  12. ボヘミアンだって、クリスマスには歌って踊る。 〜『ラ・ボエーム』と『RENT』〜

  13. 【クリスチャンな日々】第11回 「バカ野郎」になっちゃいましょう  MARO

  14. 2月17日「子どものようにならなければ、天の国に入ることはできない」

  15. 神さまが共におられる神秘(28)稲川圭三

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。