今日は何の日?

7月7日は七夕

 

今日7月7日は七夕(たなばた)。短冊に願いごとを書いて笹に飾ります。天の川を隔てて引き離された織姫(おりひめ)星(こと座のベガ)と牽牛(けんぎゅう)星(わし座のアルタイル)ですが、1年に一度だけ、この日に会うことが許されました。

(写真:★Kumiko★)

「星に願いを」という風習はロマンチックですね。パウロは言いました。「あなたがたが知らずに拝んでいるもの、それをわたしはお知らせしましょう。世界とその中の万物とを造られた神が、その方です」(使徒17:23~24)

また星占いなどを信じやすい私たちですが、聖書はこう言っています。「目を上げて天を仰ぎ、太陽、月、星といった天の万象を見て、これらに惑わされ、ひれ伏し仕えてはならない。それらは、あなたの神、主が天の下にいるすべての民に分け与えられたものである」(申命記4:19)

(写真:Martin Mark)

神様がアブラハムに「天を仰いで、星を数え……」と言われたことをはじめ(創世記15:5)、聖書にはさまざまな箇所で、星を通して大切なことが教えられています。何よりイエスこそ「輝く明けの明星」です(黙示録22:15)。

聖書で完全数である7が並ぶ日、東方の博士のように、星に導かれてイエスのもとに辿り着けますように。

Print Friendly, PDF & Email
神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-今日は何の日?
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.