6月24日はドレミの日

 

今日6月24日はドレミの日です。音階の生まれた日を記念します。1024年のこの日、イタリアの修道士で音楽教師のグイード・ダレッツオ(モナコとも)がこの音階を定めたといわれます。

グイード・モナコ広場にあるグイード・ダレッツオ像(写真:Geobia)

この日の「洗礼者ヨハネの祝日」のため、ダレッツオが合唱隊に「聖ヨハネ賛歌」を指導している時、第1節から第6節まで、その節の最初の音がそれぞれC-D-E-F-G-Aの音になっていることに気づきました。そこで、各節の歌詞の頭文字をとり、「ウト(Ut queant laxis)・レ(Resonare fibris)・ミ(Mira gestorum)・ファ(Famuli tuorum)・ソ(Solve polluti)・ラ(Labii reatum)」とすることによって、このグレゴリオ聖歌を覚えやすくしたのがドレミの音階の始まりです。それまでは楽譜がなく、耳で聞いて覚えるしかない時代だったからです。ちなみに、楽譜の原型を考え出したのもダレッツオでした。

「ウト」が発音しにくいため、17世紀ごろに「ドミヌス Dominus」(主)から「ド」に変更され、「聖ヨハネ賛歌」の最後の歌詞(Sancte Iohannes)から「シ」が付け加えられて、現在の「ドレミファソラシ」が成立しました。

ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」のメアリー・マーティン(1959年)

ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の劇中歌で、ペギー葉山の日本語詞でおなじみの「ドレミの歌」も、「聖ヨハネ賛歌」と同様、各節の冒頭が一音ずつ上がるメロディーになっていて、子どもも自然と音階を覚えられるようになっています。

Share

Related Posts

None found

  1. 神さまが共におられる神秘(44)稲川圭三

  2. 2月19日「わたしもその中にいるのである」

  3. 【クリスチャンな日々】第20回 「強い意志」は失敗のもと?

  4. 神さまが共におられる神秘(2)稲川圭三

  5. 豚を食べるか食べないか、それが問題だ。

  6. 神さまが共におられる神秘(4)稲川圭三

  7. 2020年9月19日「神から出たものであれば、滅ぼすことはできない」

  8. 【クリスチャンな日々】第3回 聖書でたたいちゃいけません MARO

  9. 【連載小説】月の都(46)下田ひとみ

  10. 【今日は何の日】1327年8月16日 聖ロクスの召天日

  11. 【今日は何の日】1557年11月22日(弘治3年11月2日) 織田信長が織田信行を暗殺

  12. 【今日は何の日】1648年10月24日 ヴェストファーレン条約調印

  13. 【連載小説】月の都(24)下田ひとみ

  14. 2020年9月3日「わたしの血による新しい契約」

  15. 【発達障害クリスチャンのつぶやき】 一度に複数のことをこなす「マルチタスク」が苦手な理由

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。