今日は何の日?

6月7日は、長崎・浦上のキリシタンが流罪にされた日

 

今日6月7日は、長崎・浦上のキリシタンが流罪にされた日。1868年、明治元年のことです。前年、浦上村の信徒が仏式葬儀を拒否したことで信徒の存在が明るみに出ました。捕縛された信徒たちは激しい拷問を受けた後、この日、太政官達が示されて、流罪となりました。5年後の73年に釈放されましたが、その間、3394人のうち662人が命を落としています。生き残った信徒は79年、故郷に浦上天主堂を建てました。

原爆投下前の浦上天主堂(初代)

Print Friendly, PDF & Email
神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-今日は何の日?
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.