牧会あれこれ(5)賀来周一

病気の時も恵みの時──ある婦人の証し

ハーバード大学教授で米国聖公会の篤信の信徒であったゴードン・オルポート(1897~1967年)は、同大教職員の人種偏見に関する態度について調査を行った。その中で、信仰のあり方を「外発的志向」と「内発的志向」に分けて調べたところ、外発的志向のほうが偏見を持ち、内発的志向は偏見を持たないという結果を発表している(参照:G・W・オルポート著、依田新他訳『心理学における人間』培風館)。

信仰のあり方が外発的ということは、自己中心的であることを指し、自分が主役となる信仰のことである。そうなると、自分にとって都合のよい自己目的のために信仰を持つことになる。結果として、「自分さえよければ」という態度を生み出し、物事に対する判断が自己尺度的となり、偏見が生じる。

外発的な信仰が自己中心的であるのに対して、内発的な信仰は神中心的であり、自分が主役とならない信仰を意味する。信仰の究極的な規範となるものを自分の外に置いているのである。

とはいえ、生身の人間は、生きるための現実的な欲求を持っている。本能による欲求に加え、自己実現欲求があり、現実生活をより快適に生きるための社会的・経済的な欲求もある。けれども、信仰の規範を自己の外に置く限り、それらの人間的欲求の充足を究極的な目的にはしない。オルポートは、「外発的信仰志向は危機に際して役に立たない」という。

ある婦人ががん疾患で入院中であったが、医学的にはもはや回復の見込みがないと告知され、ご本人も自分の状態を承知であった。筆者が見舞いに行くと、こんなことを言われた。

「先生は私のところにおいでになると、『病気の時も恵みの時』とお祈りをされます。先だって隣の人の見舞いに来た人が私のところにも寄って、『あなたはキリスト教を信じているが、それでは病気は治らない。自分が信じる宗教に変われば治る』と言います。私は治りたいのです。嘘(うそ)でもいいから、『信仰があれば治る』と祈ってくれませんか」

しかし、その後すぐニコッと笑って、「でも先生、『病気の時も恵みの時』というのが本当ですね」と言う。

もはや治る望みはない。けれども、信仰があれば病気が治ると信じたい。生身の人間としては、もっともな願いである。けれども、その願いは叶(かな)わず、死がやって来る。その現実を受け入れることが恵みである。彼女はそう告白して、そのひと月後、天国へと旅立った。

彼女にこのような告白をさせた信仰こそ、内発的な信仰である。もちろん人間は肉なる存在として、この婦人のように、「自己中心的な外発的信仰」と「神中心的な内発的信仰」が精神内界では大なり小なり互いにせめぎ合う。だが、最後に勝利するのは内発的信仰である。

オルポートは、「内発的な信仰を養うためには、聖書を読み、教会生活を忠実に送ることである」と言う。聖書は神の言葉である。宗教改革者ルターは、「神の言葉を聞いたならば、驚かなければならない。神の言葉を聞いて『よく分かった』と言うなら、人間の知恵は働いているかもしれないが、神の知恵は働いていない。驚いて聞くなら、人間の知恵は退き、神の知恵が働く」と言う。また教会は、歴史の荒波の中に揉(も)まれつつも、すべてのことに働く神の御心を宣べ伝え続けてきた。その教会に自分を忠実に置くことは、自ずと神中心の信仰を身につけることになる。

Share

Related Posts

  1. 【くめさゆりのDAY BY DAY】第10回 紙と神・好きの関係 久米小百合

  2. 【東アジアのリアル】 陳日君枢機卿の「荒野の声」! 松谷曄介 2020年11月21日

  3. 神さまが共におられる神秘(44)稲川圭三

  4. 神さまが共におられる神秘(61)稲川圭三

  5. 神さまが共におられる神秘(18)稲川圭三

  6. 【連載小説】月の都(34)下田ひとみ

  7. 「Go To」から「Go Beyond」へ 【アメリカのコロナ病棟から 関野和寛のゴッドブレス】第7回

  8. キリストの弟子たち(1)ペトロ(12使徒) 編集部

  9. 【宗教リテラシー向上委員会】 コロナ禍におけるハラール対応(1) 小村明子 2020年11月21日

  10. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(107)稲川圭三

  11. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第9回 クリスマスにて

  12. 思い出の杉谷牧師(1)下田ひとみ

  13. 【聖書の不思議あれこれ!】第9回 兄弟げんかの結末は? ~泣くな、カイン!(前編) パダワン青木

  14. 【夕暮れに、なお光あり】 私のふるさと 渡辺正男 2020年12月1日

  15. 牧会あれこれ(10)賀来周一

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。