実体験を綴った『牧師、閉鎖病棟に入る』 出版記念インタビュー開催


5月31日、日本基督教団王子北教会の牧師・沼田和也さんのエッセイ『牧師、閉鎖病棟に入る』が実業之日本社から発売された。本書は沼田さんが精神科病院の閉鎖病棟に入院して過ごした2ヶ月間を振り返り、noteに投稿したエッセイをまとめたもの。これまで「あなたはありのままでいい」と伝えてきた牧師が、それぞれに苦悩を抱え“ありのまま”生きられない人たちとの出会いを通して、何を感じたのだろうか。

「読んだら価値観が変わる!」たしかに、そんな本ではありません。でも、人生って、そういう素朴で地味な出遭いの積み重ねなんじゃないでしょうか。
精神的な病や障害に限らず、独りひそかに悩み苦しんでおられる方に、この本のちいさな言葉が、どうか届きますように。
著者コメントより

この本の出版を記念して、6月5日(土)にオンラインで公開インタビューを開催。「キリスト新聞」編集長の松谷信司氏が聞き手となり、本書には書き切れなかったエピソードや後日談、出版秘話などを聞く。イベントはビデオ会議システムZoomのウェビナー機能を使ったライブ配信で、チケットは1000円~。詳細や参加申し込みはこちらからどうぞ。

◇著者プロフィール
沼田和也 ぬまた・かずや
 日本基督教団 牧師。1972年、兵庫県神戸市生まれ。高校を中退、引きこもる。その後、大検を経て受験浪人中、1995年、灘区にて阪神淡路大震災に遭遇。かろうじて入った大学も中退、再び引きこもるなどの紆余曲折を経た1998年、関西学院大学神学部に入学。2004年、同大学院神学研究科博士課程前期課程修了。そして伝道者の道へ。しかし2015年の初夏、職場でトラブルを起こし、精神科病院の閉鎖病棟に入院する。現在は東京都の小さな教会で再び牧師をしている。
note:https://note.com/numatakazuya  Twitter:@numatakazuya

◇イベント詳細
『牧師、閉鎖病棟に入る。』出版記念公開インタビュー
・日時:6月5日(土)15:00~17:00
・主催:キリスト新聞社
・協力:実業之日本社
・定員:100名
・配信:Zoom(ウェビナー形式)
・参加費 書籍注文なし:1,000円/書籍注文あり:2,000円(うち書籍代1,000円*イベント特価)
お申込みはこちらから

◇note関連記事
https://note.com/info/n/n1e92d754375f

Share

Related Posts

None found

  1. 小原克博(同志社)、中道基夫(関西学院)、西原廉太(立教)の3氏が語る コロナ後の教育・神学・教会

  2. コロナパンデミックの中、牧師たちが復活の意義を問う『イースターへの旅路 新版・教会暦による説教集』

  3. そろそろ教会もLGBTについて真剣に考えませんか? 第4回「教会どうでしょう」開催

  4. 日本出版 クラブ・ライブラリー特別展 造本装丁コンクールで受賞した『聖書協会共同訳』も展示

  5. ナイトdeライトな1日 J+Passion Tokyo2019 テーマは「僕らは教会人」(後編)

  6. 『香港の民主化運動と信教の自由』出版記念で編訳者らが対談 「希望の声を日本にも」

  7. 性差別テーマに僧侶交え討議 教会でも「わきまえ」ず声上げ続けよう

  8. 淀橋教会サマー・ホーリー・フェスタに元AKB48の竹内美宥さん「神の存在を意識するだけで救われてきた」

  9. 第50回キリスト教功労者顕彰式 山内一郎さん、鳥羽季義さん、長沢道子さん 「働きを代表して賞を受けた」

  10. バトンタッチ──次世代に灯火を受け継ごう TORCH 2018(1)

  11. 浅野淳博さん「新しいパウロの視点で分断の時代を癒やしていく」 第39回キリスト教文化講演会

  12. 太宰治が入院中に手にした聖書 神奈川近代文学館で公開

  13. 一人ひとりがありのままでいられる教会を目指して 「なんで教会がツライのか考えてたら出来た性理解のためのブックレット」発売記念

  14. キリシタンは弾圧されただけではかなった 國學院大學シンポジウム「考古学が明かす新たなキリシタン像」

  15. 神はどんなときも共にいる 娘を天に送った母の心の軌跡 中村佐知著『まだ暗いうちに』

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。