キリスト者学生会の大嶋重徳総主事が2020年3月で退職

 

キリスト者学生会(KGK)の大嶋重徳(おおしま・しげのり)総主事が2020年3月で、20年にわたって奉仕してきた同会を退職すると5日、自身のフェイスブックで発表した。退職後は鳩ヶ谷福音自由教会(埼玉県川口市)の牧師になる。後任は矢島志朗(やじま・しろう)副総主事。

大嶋重徳さん

フェイスブックの投稿に次のようにつづる。

「学生たちがイエス・キリストに出会う瞬間を目の当たりにし、まぶしいばかりの成長に目をみはり、自分の人生を主に献げようと、畏(おそ)れで震える祈りを彼らと共にしたことは、何にも代えがたい祝福にあふれた経験です。私のKGK主事生活は、もう十分に走りきったと思います。今後はKGKの一人の卒業生として全力でKGKを共にバックアップをしていきたいと思います。次世代を育てる学生伝道のため、よろしくお願いします」

1974年、京都府福知山市生まれ。「田舎ヤンキーばかりのバスケ部に入り、ビーバップ・ハイスクールに憧れて、教会からきれいに離れた中学生時代。16歳の時に洗礼を受けて、今度はきれいに律法的なクリスチャンに転向。その後はもろもろあって、あわれみの中で信仰を保ち続けている」と自己紹介する。1997年に京都教育大学を卒業して、2000年までKGK主事を務める(関東地区浦和メソッド)。その後、神戸改革派神学校で学び、03年にKGKに復帰(北陸地区、関東地区、事務局長代行、沖縄と北海道地区兼任、学生宣教局長)。11年、オーストラリアのシドニーにあるムーア神学大学で長期休暇を過ごし、シドニー日本語キリスト教会で奉仕。16年4月から総主事。鳩ヶ谷福音自由教会協力伝道師。一女一男の父親。

著書に『おかんとボクの信仰継承』、『朝夕に祈る主の祈り──30日間のリトリート』(以上、いのちのことば社)、『自由への指針──「今」を生きるキリスト者の倫理』、『若者と生きる教会──伝道・教会教育・信仰継承』、『若者に届く説教──礼拝・CS・ユースキャンプ』(以上、教文館)などがある。

Share

Related Posts

None found

  1. 米津玄師の最新アルバム「STRAY SHEEP(ストレイ・シープ)」と聖書

  2. 【皆川達夫さん追悼】「ここでお別れいたします。皆さん、御機嫌よう、さようなら」

  3. カトリック札幌教区、「緊急事態宣言」解除を受けて都市部は除き分散ミサを検討

  4. 名誉教皇ベネディクト16世の兄G・ラッツィンガー神父死去 2020年7月6日

  5. 【「キリスト新聞」との共同インタビュー】最初の告発をした小柳敦史氏 深井智朗氏の研究不正について語る(2)

  6. 【インタビュー】内藤淳一郎さん 信仰は、キリストの言葉を聞くことから始まる(後編)

  7. キリスト教婦人矯風会、「即位礼・大嘗祭(だいじょうさい)」に対する声明発表

  8. 【訃報】 村瀬俊夫さん(日本長老教会牧師) 2020年8月18日

  9. 6月1日から公開ミサ再開予定のカトリック福岡教区、北九州市で19日まで中止

  10. 10月4日はルーテル学院大学の創立記念日

  11. 中村哲さんへの追悼「誰も行かぬなら私が行く」

  12. 今週のみことば「御言葉の光」

    【今日の聖書】11月16日 詩編 119編153〜160節

  13. 【インタビュー】ワールド・ビジョン・ジャパン事務局長の木内真理子さん(後編) 「自分にはできない」と思ったとき、神への祈りが出てくる

  14. 【解説】キリスト教とはどんな宗教?特徴や教えを解説しました。

  15. 21年ぶりの日本聖書協会の総主事交代 渡部信氏から具志堅聖氏へ

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。