NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(13)細川ガラシャに洗礼を授けた侍女・清原マリアの道備え その2

細川ガラシャ(芦田愛菜)に洗礼を授けた清原マリアがまず登場するのは、夫の忠興が「九州攻め」で出陣して留守の間にガラシャが大坂教会を訪ねた直後だ。

カトリック玉造教会前にある掲示板(写真:服部由愛)

(ガラシャが教会に行った)翌日、彼女(ガラシャ)はその邸(やしき)の重立った婦人の一人を通して教会に伝えるところがあった。その婦人は(細川)家の(家事)いっさいを司っており、(奥方)の親戚にあたり、かつて大和の国において、もう一人の貴人結城山城殿とともにキリシタンになった(清原)外記殿(ゲキドノ)という内裏(ダイリ)の師傅(しふ)を務めた一公家(クゲ)の娘であった。(奥方)の師であり、(細川)家の侍女頭(レジエドーラ)でもあるこの婦人は、知識においても(奥方)にほとんど劣りはしなかった。(同、226ページ)

マリアは公家・清原枝賢(しげかた)の娘で、また細川家とは「親戚」だった。枝賢の父親の妹、つまり叔母が細川忠興の祖母なのだ。ガラシャが細川家に輿(こし)入れして以来、側近く仕えており、ガラシャにとっていちばん信頼している相談役でもあった。

ところで、「外記」というのは、平安京(京都御所)の建春門のすぐ外にある外記庁で、天皇に上げる奏文を作成したり、儀式の執行などを司ったりした役職のこと。「内裏の師傅」とは、天皇の教育係。そんな父親のもとで育ち、正親町(おおぎまち)天皇(坂東玉三郎)の後宮で仕えていたこともあるマリアも当然、高い教養を備えていたと考えられる。

ここに、「かつて大和(やまと)の国において、もう一人の貴人結城山城殿とともにキリシタンになった(清原)外記殿」とあるが、これにも大きな意味がある。宣教師にとってはいちばん頼りにしていたキリシタン大名・高山右近の父親(友照)と一緒に洗礼を受けたのが、その友人の清原枝賢と結城忠正(ゆうき・ただまさ)だったのだ。

宣教師が日本で重点的に宣教活動をしていたのは、貿易の窓口である九州と、天皇のいる京を中心とした関西だった。そして、大和国(奈良県)の沢城主だった高山友照(ともてる)、山城(やましろ)国(京都府南部)の結城忠正、そして公家の清原枝賢の3人が、巷で話題になっているキリスト教について論駁(ろんばく)しようとしたのだが、かえって宣教師らの語る深い教えに心打たれて回心し、洗礼を受けたのが1563年。これが関西で最も早いキリシタン武将の誕生となった。

結城殿と(清原)外記殿は、もう一度特に説教を聞き、聴聞した最高至上の教えにまったく満足し、両人は聖なる洗礼を受けるに至った。……結城進斎と(清原)外記殿はキリシタンであり、キリシタンの保護者になったという報(しら)せが市中に弘まると、彼らの驚きは非常なもので、人々が言うとおりだとは、納得できなかった。しかしその報せが真実であることは数日にして確認された。……これら二人の大身をキリシタンに導き給うたデウスの御摂理は偉大であった。すなわち、それは都において、聖なる福音について(従来とは)異なった見解を生ぜしめるのに大いに寄与したのみならず、彼らの模範に倣(なら)う者が現われ、身分の高い武士や、高位、高官の人たちがキリシタンになり始めた。(3巻、170、174~175ページ)

フロイスによると、マリアはガラシャ受洗の直前に洗礼を受けているのだが、父親がすでに大きな影響力を持つキリシタンだったので、マリアも子どもの頃からキリスト教に親しんでいただろう。だから、ガラシャは突然、キリスト教に関心を持ったというよりも、それ以前からマリアを通してキリスト教を受け入れる素地が整えられていたというのが正確ではなかろうか。つまり、ガラシャにとってマリアは、イエスが公生涯に入る前に道備えをしてイエスに洗礼を授けた洗礼者ヨハネのような存在だったのだ。(14に続く

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(1)明智光秀はキリスト教を信じていたか

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(2)明智光秀の娘、細川ガラシャの信仰

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(3)芦田愛菜が細川ガラシャに配役された理由

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(4)Go Toトラベルで行きたい細川ガラシャゆかりの地

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(5)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その1

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(6)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その2

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(7)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その3

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(8)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その4

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(9)ガラシャの長男、忠隆 その血は天皇陛下や政治評論家に

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(10)ガラシャの次男・興秋と三男・忠利

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(11)ガラシャの娘、長と多羅

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(12)細川ガラシャに洗礼を授けた侍女・清原マリアの道備え その1

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(13)細川ガラシャに洗礼を授けた侍女・清原マリアの道備え その2

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(14)細川ガラシャに洗礼を授けた侍女・清原マリアの道備え その3

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(15)本能寺の変と細川ガラシャ 前編

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(16)本能寺の変と細川ガラシャ 後編

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(17)第一級史料に見る細川ガラシャの最期 その1

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(18)第一級史料に見る細川ガラシャの最期 その2

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(19)第一級史料に見る細川ガラシャの最期 その3

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(20)細川ガラシャを介錯した小笠原秀清の信仰

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(21)ガラシャ没後の細川忠興 その1

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(22)ガラシャ没後の細川忠興 その2

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(23)ガラシャ没後の細川忠興 その3

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(24)ガラシャのための盛大な追悼ミサ(最終回)

Share

Related Posts

  1. 教皇訪日のオフィシャル・テーマソング公開

  2. 【インタビュー】「必要とされていない」と挫折した後、「愛されている」と歌えるように ゴスペル・シンガーのTiAさんに聞く(後編)

  3. 「『愛』と『戦い』をリンクする時が来ている」 飯島延浩・山崎製パン社長講演

  4. 牧師も加わった大嘗祭訴訟で公費支出の差し止めは却下 東京地裁

  5. 米テキサス州のカトリック聖職者、子どもへの性的虐待に関与した疑い

  6. 8月18日はワシントンへ桜を寄贈した日

  7. 6月9日はペンテコステ

  8. 5月20日からLINE Pay300億円祭

  9. 【インタビュー】青山学院院長の山本与志春さん 「地の塩、世の光」となるサーバント・リーダー育成を目指す(前編)

  10. 独占手記 「過失」ではなく「被害」だと自覚するまで――在学中の性暴力、そして毒親との決別 「被害者を救うための言語も、加害者を更生させるための言語も、教会は持ち合わせていない」

  11. 12月5日はクリスティーナ・ロセッティの誕生日

  12. 9月4日はブルックナーの誕生日

  13. 10年目の3.11。災害支援活動を通して見えてきたものとは。国際NGO「オペレーション・ブレッシング・ジャパン」に聞く

  14. 【インタビュー】制服姿は信頼の証し 救世軍司令官ケネス・メイナーさんに聞く(後編)

  15. 関西学院大名誉教授、元東京女子大学学長の船本弘毅さん召天、83歳

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。