NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(12)細川ガラシャに洗礼を授けた侍女・清原マリアの道備え その1

細川ガラシャ(芦田愛菜)が洗礼を受けたのは1587年の暮れ、24歳の時だった。

「栄光の聖母マリア」(大阪・玉造教会)両脇に高山右近と細川ガラシャが描かれている。(写真:服部由愛)

15歳で細川忠興(望月歩)に嫁いだガラシャは、その4年後、父の明智光秀(長谷川博己)が「本能寺の変」を起こしたため、「謀反人(むほんにん)の娘」として離婚され、山深いところに幽閉されてしまう。2年後、復縁が許されるものの、その後も監視下に置かれていた。そのような境遇の中で一条の光が差し込んでくる。

彼女(ガラシャ)は時々、夫(忠興)の口から、彼の大の親友である(高山)右近殿(代表的なキリシタン大名)が彼に話して(聞かせた)デウスの教えに関することとか説教のことを耳にした。……彼女はそれらの話を夫から聞かされた時に、それをもっと深く知りたいとの異常な望みに駆られた……(フロイス『日本史』5巻、中央公論社、222ページ)

そこで、忠興が「九州攻め」に出陣して留守の間に、ガラシャはこっそり屋敷を抜け出して大阪の教会に行く。そこで日本人修道士から話を聞き、自分が洗礼を受けられるのはこの時以外にはないと、「洗礼を授けてほしい」と何度も繰り返し願ったという。しかし、教会側は当時、ガラシャが何者であるか分からず、豊臣秀吉の側室かもしれないと警戒して、「もう少し学んでから」と言って送り返した。

大阪の北大江公園。ガラシャが生涯にたった一度だけ訪れた教会はここにあったと言われている。(写真:服部由愛)

ガラシャは、自分が教会に行けない間に侍女や家臣を教会に遣わし、そうすることで多くの者が洗礼を受けてキリシタンになった。そんな時、「九州攻め」で秀吉は植民地主義的な宣教師に接したことで、今までの優遇政策から一転し、「バテレン追放令」を出したため、関西にいた宣教師たちもいったん九州に引き上げることになった。1回限りの洗礼のチャンスを逃してしまったガラシャは、「宣教師が去る前に、何とか自分にも洗礼を授けてほしい」と嘆願する。

当時(奥方)が外出するのには大いなる危険が伴ったので、司祭たちは(協議して)、(奥方)の側近者で親族でもあるマリアに、聖なる洗礼の授け方と言葉、ならびに(授洗者としての)役目に必要な条件や心構えを教えた上で、彼女の(手によって)自邸で(奥方に)洗礼を施すことにした。かくて(奥方)はよく準備を整え、(平素)彼女が身を隠している部屋の中の不断に祈りを捧げている(聖なる)肖像の前で、跪(ひざまず)き、両手を挙げ、(侍女の)マリアから聖なる洗礼を受けた。そして彼女にはガラシアの(教)名が授けられた。(同、235ページ)

このようにしてガラシャは、司祭(つまり当時は宣教使)しか授けることのできない洗礼を、特例として侍女を通して受けることになったのだ。

ところで、ここに出てくる「マリア」というのは、「清原いと(洗礼名マリア)」という侍女のこと。フロイスは『日本史』の中で、「家事を司り(先に)ガラシアに洗礼を授けた(侍女)マリア」(2巻、20ページ)というように、彼女をたびたび紹介している。

また、1588年に出された宣教師オルガンティーノの書簡にも、ガラシャに仕えているこの侍女のことが触れられている。

ガラシアには善良この上ない一人のキリシタンの寡婦(かふ)が(仕えており)、昼夜つききりで彼女の許(もと)にいて、(ガラシア)は彼女をこの上なく愛しています。それは(ガラシア)の夫の諒承のもとでなされています。彼は、同人が善良なキリシタンであることを知っていますから、私は、最後にはガラシアの忍耐力によって、彼もいつかは我らの聖なる教えの光に浴し、それを認識するに至るであろうと希望をつないでいるのです。(5巻、248ページ)

清原いとは、日本キリスト教史でも重要な、関西で初めてキリシタンとなった高山右近の父親と共に洗礼を受けた公家の娘だった。(13に続く

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(1)明智光秀はキリスト教を信じていたか

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(2)明智光秀の娘、細川ガラシャの信仰

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(3)芦田愛菜が細川ガラシャに配役された理由

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(4)Go Toトラベルで行きたい細川ガラシャゆかりの地

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(5)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その1

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(6)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その2

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(7)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その3

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(8)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その4

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(9)ガラシャの長男、忠隆 その血は天皇陛下や政治評論家に

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(10)ガラシャの次男・興秋と三男・忠利

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(11)ガラシャの娘、長と多羅

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(12)細川ガラシャに洗礼を授けた侍女・清原マリアの道備え その1

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(13)細川ガラシャに洗礼を授けた侍女・清原マリアの道備え その2

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(14)細川ガラシャに洗礼を授けた侍女・清原マリアの道備え その3

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(15)本能寺の変と細川ガラシャ 前編

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(16)本能寺の変と細川ガラシャ 後編

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(17)第一級史料に見る細川ガラシャの最期 その1

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(18)第一級史料に見る細川ガラシャの最期 その2

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(19)第一級史料に見る細川ガラシャの最期 その3

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(20)細川ガラシャを介錯した小笠原秀清の信仰

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(21)ガラシャ没後の細川忠興 その1

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(22)ガラシャ没後の細川忠興 その2

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(23)ガラシャ没後の細川忠興 その3

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(24)ガラシャのための盛大な追悼ミサ(最終回)

Share

Related Posts

  1. 【インタビュー】キリスト教学校教育同盟新理事長 西原廉太氏(前編)

  2. ラグビーW杯を福音宣教の機会に 日本国際スポーツ・パートナーシップの岡澤元さんに聞く(後編)

  3. Official髭男dismとキリスト教

  4. 日本バプテスト連盟元副理事長の金子千嘉世さん、召天 60歳

  5. 東京キリスト教学園と遺族による吉持章氏の合同葬

  6. 9月9日は北陸学院の創立記念日

  7. 2021年大河ドラマ「青天を衝け」 吉沢亮さん、救世軍と関わりの深い渋沢栄一を演じる

  8. 11月25日はジェームズ・ガーディナーの召天日

  9. 「喝采」「北酒場」で2度レコード大賞受賞の中村泰士さん召天、81歳

  10. 社会的課題としての自殺 仕組み作りで防ぐ 奥田知志(抱樸理事長)×清水康之(ライフリンク代表)対談 2020年10月11日

  11. 久米小百合さんのキリスト教カウンセリング研究講演会「愚痴も悩みも歌にして……」

  12. NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(17)第一級史料に見る細川ガラシャの最期 その1

  13. 高山右近は信徒使徒職ナンバーワン カトリック金沢教会の九里彰神父に聞く

  14. 7月28日は大原孫三郎の誕生日

  15. 【インタビュー】作家・下田ひとみさん 小説の作り手として、万物の造り手である神様のことを思いながら(前編)

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。