NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(18)第一級史料に見る細川ガラシャの最期 その2

前回は、死の覚悟を決めてガラシャが一人きりで祈ったところまでを見たが、今回は自分の祈禱部屋から出てきたところから始めよう。

そして(ガラシャは)少し祈った後、大いなる覚悟をもって部屋を出て来て、彼女とともにいたすべての侍女と婦人たちを呼び集め、我が夫が命じているとおり自分だけが死にたいと言いながら、皆には外に出るようにと命じた。皆が、彼女とともに死ぬつもりであると言って侍女たちは外に出ることを拒んだ。なぜならば、このような場合にあっては、家臣は自分の主人とともに死ぬのが日本人の慣例であり体面である以外に、ドナ・ガラシアは侍女たちからあまりにも愛されていたので、全員がドナ・ガラシアと道連れに死ぬのを望んでいたからである。しかし侍女たちは彼女の命令によって、やむなく外へ出た。(『16・7世紀イエズス会日本報告集』第I期第3巻、同朋舎、245~246ページ)

イエスが十字架にかけられる前にゲツセマネで祈った時、弟子たちは眠りこけ、最後には裏切って逃げてしまったが、このとき侍女も家臣も誰も居眠りする者などはいなかった。むしろ、ガラシャの死にお供をすると言って、おそらく涙ながらに訴えたのだろう。「ガラシアは侍女たちからあまりにも愛されていた」からだ。

カトリック玉造教会にある「最後の日のガラシャ夫人」(堂本印象作)

ところで、よく当時のキリシタンは主人によって強制的に改宗させられたと歴史書に書かれていることがある。確かにそういう集団改宗をさせたキリシタン大名も中にはいるが、当時のキリシタンは殉教覚悟、命がけで信じていた者も多くいたことは、後の禁教下において証明されている。このようなネガティブなバイアスのかかった歴史記事が散見されるが、中国や韓国の「反日教育」と同じように「反キリスト歴史観」が日本では広まっているので、どうか気をつけてほしい。ともかく、ガラシャのもとにいた侍女たちは、自ら進んで洗礼を受けた者が多かったのだ。

ところが監視隊長(家老)の小笠原殿は、他の家臣とともに邸全体に火薬をまき散らした。侍女たちが全員屋外に出ると、ドナ・ガラシアはただちに脆(ひざまず)き、たびたびイエズスとマリアの聖名を口誦(ずさ)んだ。彼女自身、両手で(髪をかきあげて)首を露(あら)わにし、そして彼女の首は一撃のもとに切り落とされた。(同、246ページ)

「監視隊長(家老)の小笠原殿」というのは、忠興が留守をゆだねた家臣の小笠原秀清(小斎)のことで、彼もまたキリシタンだった。そのことについては別の記事で詳しく述べるが、「もし自分の不在の折、妻の名誉に危険が生じたならば、日本の習慣に従って、まず妻を殺し、全員切腹して、わが妻とともに死ぬように」という忠興の命令を実行に移すため、秀清はガラシャの介錯役を務めた。介錯というのは、切腹する人の背後から首を切って即死させることを言う。

ところで「細川家記」には、ガラシャは介錯されたのではなく、小斎に長刀(なぎなた)で胸を突かせたとなっている。しかし、介錯したとするイエズス会の報告のほうが事実だと思われる。というのは、宣教師にガラシャの最期を報告したのは、実際にガラシャの最期を見届けた侍女、霜(しも)だと考えられるからだ。

細川家の侍女たちは、ガラシャ自身が教会に行けない代わりに大坂の教会に遣わされ、ガラシャと宣教師との連絡係になり、そこでキリスト教に触れ、多くの者がキリシタンとなった。ガラシャが最後の大切な役目を託すほど信頼していた霜もキリシタンだった可能性は高い。霜はガラシャから、忠興と長男・忠隆への書き置きと三男・忠利への形見を託され、最期の様子を忠興に伝えるよう命じられたのだ。

そうして細川屋敷から脱出すると、霜などキリシタンの侍女たちは宣教師にガラシャの最期を報告した。だからこそ、こうした宣教師の報告で詳細な描写が可能となったのだ。ガラシャのことだから、忠興だけでなく教会にも報告するよう言付けを頼んでいたと思われる。

時を経て1648年、ガラシャの孫にあたる第4代熊本藩主・細川光尚(みつなお)から「ガラシャの最期を知りたい」と求められ、霜は証言をした。それは今、「霜女覚書」として知られている。このことから、48年前のことを語ることのできる生き証人である霜は、ガラシャの死に立ち会った当時、まだ年若かったと思われる。この「霜女覚書」は、伝聞に基づかない当事者本人の証言であり、史料的価値は高い。

その「霜女覚書」におけるガラシャの最期の場面を分かりやすく現代文に直してみると、次のようになる

御上様(ガラシャ)の意向によると、敵がもし押し入った時にはご自害なさるおつもりだったので、その時には(小笠原)小斎が介錯するように仰いました。……小斎は「もはやこれまで」と思って長刀を持ち、御上様の御座所へ参って「今が御最期でございます」と申し上げました。……(自分が用事をしている間にガラシャ様は)すでにどこかに退かれ、力なくお果てになっておられました。小斎が長刀で介錯されたということでした。

この「霜女覚書」には、ガラシャが祈ったなど、キリスト教的なことは書かれていないが、それは江戸幕府による厳しいキリシタン禁令下にこの覚書が作成されたからだろう。しかし、宣教師による報告と共通した記述が見られる。ちなみに宣教師の報告はガラシャの死から間もなく書かれ、「霜女覚書」は半世紀経ってから、そして「細川家記」は江戸中期の1778年にまとめられたものだ。(19に続く)

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(1)明智光秀はキリスト教を信じていたか

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(2)明智光秀の娘、細川ガラシャの信仰

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(3)芦田愛菜が細川ガラシャに配役された理由

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(4)Go Toトラベルで行きたい細川ガラシャゆかりの地

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(5)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その1

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(6)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その2

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(7)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その3

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(8)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その4

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(9)ガラシャの長男、忠隆 その血は天皇陛下や政治評論家に

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(10)ガラシャの次男・興秋と三男・忠利

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(11)ガラシャの娘、長と多羅

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(12)細川ガラシャに洗礼を授けた侍女・清原マリアの道備え その1

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(13)細川ガラシャに洗礼を授けた侍女・清原マリアの道備え その2

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(14)細川ガラシャに洗礼を授けた侍女・清原マリアの道備え その3

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(15)本能寺の変と細川ガラシャ 前編

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(16)本能寺の変と細川ガラシャ 後編

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(17)第一級史料に見る細川ガラシャの最期 その1

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(18)第一級史料に見る細川ガラシャの最期 その2

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(19)第一級史料に見る細川ガラシャの最期 その3

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(20)細川ガラシャを介錯した小笠原秀清の信仰

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(21)ガラシャ没後の細川忠興 その1

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(22)ガラシャ没後の細川忠興 その2

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(23)ガラシャ没後の細川忠興 その3

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(24)ガラシャのための盛大な追悼ミサ(最終回)

Share

Related Posts

  1. パキスタン最高裁判所、アーシア・ビビさん再審請求棄却

  2. 明治学院「問題提起」型の斬新すぎる副読本 「読みたくなる」画期的テキスト「ヤバイブル」? 2020年7月11日

  3. 9月2日はトールキンが亡くなった日

  4. カトリック京都教区、「緊急事態宣言」を受けて、当面の間、公開ミサの休止を継続

  5. クリスマスソングって讃美歌?聖歌?それともゴスペル?

  6. 【インタビュー】聖公会神学院校長・佐々木道人さん 実習や共同生活の中で育まれる霊的成長(後編)

  7. 一人ひとりがありのままでいられる教会を目指して 「なんで教会がツライのか考えてたら出来た性理解のためのブックレット」発売記念

  8. 求められる「新しい信仰様式」 上智大同窓会企画 神父2人がオンラインで対談 片柳弘史×晴佐久昌英 2020年7月1日

  9. 【インタビュー】金城学院大学学長・小室尚子さん(3)無意識に男性に依存しない意識を育てる

  10. 8月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「キリストへの時間」

  11. 関西のキリスト教主義大学、再びオンライン授業拡大へ

  12. 8月12日は日航ジャンボ機墜落事故が起きた日

  13. 吉持章牧師、召天 日本同盟基督教団や東京キリスト教学園、JEA、いのちのことば社の理事長を歴任

  14. カトリック東京大司教区、さいたま教区、新潟教区、福岡教区 公開ミサの中止を延長

  15. 日進館・万座温泉ホテル会長の黒岩堅一(泉堅)氏、召天

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。