阪神・淡路大震災から24年 関西学院大メモリアル・チャペル

 

阪神・淡路大震災(1995年)で学生15人と教職員ら8人が亡くなった関西学院大学(兵庫県西宮市)は9日、西宮上ケ原キャンパスにあるランバス記念礼拝堂で阪神・淡路大震災メモリアル・チャペルを開催した。学生や教職員、地域住民など約160人が集まった。

同大は、甲山の東に広がる上ヶ原台地にあり、自宅などから通学する学生は、阪急の甲東園駅などから坂道を登らなくてはならない。地方出身者の多くは、大学のすぐ裏にある下宿やアパートなどに住んでいた。地震の起こった午前5時46分、就寝中だった学生は、倒壊した下宿の古い建物の下敷きになったという。

同窓会の調査により判明したところによると、約40人の卒業生も死去した。こうした震災の被害と教訓を語り継ごうとの思いから、震災の翌年から毎年、同大ではメモリアル・チャペルを行っている。

大宮有博・法学部教授(写真:関西学院大学提供)

今回、メッセージを語ったのは、法学部教授で宗教主事の大宮有博(おおみや・ともひろ)さん(48)。新約聖書テサロニケの信徒への手紙1、5章12~18節、特に「弱い者たちを助けなさい」(14節)という聖句から、「ぜひ弱い人のそばに寄り添ってほしい」と呼びかけた。

「当時、私は大学院生だったのですが、市内のアパートで地震に遭い、まだ夜が明けない中を大学へと向かいました。その途中、倒壊した下宿の前で大家さんが『この中に人がおるんや』と大声で叫んでいたのです。今もその場所を通ると、あの日のことを思い出します。

街は復興をとげましたが、心の傷を癒やせないなど、震災から抜け出せず、復興に取り残された人もいます。『復興』という言葉はともすると、弱い人が切り捨てられることだとも感じます。関西学院はこの23年間、弱い立場の人に寄り添って歩めたのでしょうか。今一度見直す必要があります」

その後、亡くなった学生の人数に合わせて15回、ハンドベル・クワイアの学生がベルを鳴らし、全員で黙祷(もくとう)した。

震災から24年経った今、震災後に生まれた学生がほとんど。震災については小さい頃から学んでいても、先輩が15人も亡くなっていたと初めて知り、改めて身近にこの問題を感じた学生もいた。

ランバス記念礼拝堂で黙祷をする(写真:関西学院大学提供)

同大では、阪神大震災での教訓を生かし、防災マニュアルを作成。公式ホームページに「災害時のページ」を作り、キャンパスや自宅、下宿などで地震が発生した場合の対処法、非常持ち出し品リスト、避難場所案内図などが示されている。

1995年1月17日午前5時46分、観測史上初といわれる震度7の激震が兵庫県南部を直撃した。戦後初の大都市直下型地震で、兵庫、大阪、京都の2府1県で、死者6434人、行方不明3人、負傷者4万3792人、全半壊家屋24万9180棟、一部損壊家屋39万506棟、焼損面積約65ヘクタールという甚大な被害が発生。住まいや仕事など暮らしの土台を崩壊させた。24年経った今も、被災者の心の傷は消えない。

Share

Related Posts

  1. 「紛争変革」による平和構築に尽力したメノナイトのジョン・ポール・レデラック氏に庭野平和賞

  2. テレビ番組のアイヌ民族差別発言 日基教団北海教区が問題性を指摘

  3. 袴田事件、再審取り消し 「救う会」副代表、門間幸枝さんに聞く

  4. 緊迫するミャンマー情勢に何ができるのか? WCRP、ミャンマー特別セミナーを開催

  5. ノートルダム清心女子大 ブログで新型コロナウイルス感染防止を呼びかけ

  6. 山本与志春氏が青山学院第15代院長に就任

  7. 9月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「FEBC」

  8. 関東学院大と尚絅学院大 大学間交流協定を締結

  9. 東京神学大学の継続教育、4月から開講 大学院の科目を開放

  10. 各地で「信教の自由を守る日」 コロナ禍での新たな課題 オンラインも駆使

  11. 関西学院大学准教授の榎本てる子氏、召天

  12. キリスト生誕の博多人形、福岡のハンバーガー店で17年ぶり展示

  13. 遺愛女子中学・高校がキャロリング 函館市内にキリスト誕生の喜びを届けて

  14. 核兵器禁止条約の発効受け 宗教界から相次ぎ声明

  15. 8月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「キリストへの時間」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。