クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】大切な人が信仰から離れてしまうとき(前編)

 

話題になったベストセラー『聖書が教える恋愛講座』(辻潤訳、ホームスクーリング・ビジョン)の著者であるジョシュア・ハリスは、妻シャノンとの婚姻関係を終わらせたことを発表した。ハリスは7月27日、インスタグラムに自らの信仰の状態について、次のように投稿している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Two weeks ago, Josh Harris, the author of the controversial Christian bestseller I Kissed Dating Goodbye, announced that he and his wife, Shannon, were ending their marriage. Last week, Harris published another Instagram post, this time about the state of his faith:

「私が持っていたイエスに対する信仰は、大きく変化しました。一般的には『脱構築』、聖書的には『棄教』したのです。私が持つクリスチャンの定義に従えば、私はクリスチャンではありません。たくさんの人が『他にも信仰を実践する方法はある』と言ってくれましたし、それについて考える余地はあると思いますが、私はまだそこに至ってはいません」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I have undergone a massive shift in regard to my faith in Jesus. The popular phrase for this is “deconstruction,” the biblical phrase is “falling away.” By all the measurements that I have for defining a Christian, I am not a Christian. Many people tell me that there is a different way to practice faith and I want to remain open to this, but I’m not there now.

このハリスの発表は、編集者ドリュー・ディックを驚かせた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Harris’s announcement caught editor Drew Dyck off guard.

元クリスチャン世代──なぜ青年は教会から去ったのか、どうすれば彼ら彼女らを取り戻せるのか』を著したディックは言う。「私が感じた衝撃は、10年以上、彼の牧会を受けていた人々のショックや悲しみとは比べものにならないでしょう。自分の牧師が『棄教』するのは、信徒にとっても信仰を脅かす出来事ですから、その驚きは大きいと思います」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I think my shock probably pales in comparison to the shock and even the grief that the people that sat under his ministry for over a decade would feel,” said Dyck, the author of Generation Ex-Christian: Why Young Adults Are Leaving the Church … and how to Bring Them Back. “There’s a lot of consternation when your pastor says he’s ‘falling away’ from faith because it’s an implicit threat to your own faith.”

ディックは、私モーガン・リー(デジタルメディア・プロデューサー)とカイル・ロヘイン(「牧師向けクリスチャニティー・トゥデイ」編集者)と議論を交わした。人々は今なぜ教会を去るのか。友人が信仰を捨てる時と、自分の子どもが信仰を捨てる時では、どのように異なった受け取り方をすべきか。有名人や愛する人がキリスト教信仰から立ち去るとき、どう自らの反応や感情をコントロールすべきなのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Dyck joined digital media producer Morgan Lee and CT Pastors editor Kyle Rohane to discuss why people are leaving the church today, why you should react differently to your friend departing the faith than your child, and how to process our emotions and reactions we learn that public figures and loved ones have left Christianity.

ジョシュア・ハリスのインスタグラム

──ジョシュア・ハリスと同じ時代を生きる者として、彼のニュースを知ったとき、あなたはどのように反応しましたか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As a somewhat contemporary of Josh Harris, what was your initial reaction to Josh Harris’s news?

ドリュー・ディック:多くの人と同じようにショックを受けました。私はジョシュアと特別仲がいいわけではありませんが、これまで長年にわたって何度かやりとりをしてきました。「牧師向けクリスチャニティー・トゥデイ」に記事を書いてもらったこともあります。彼が常識に捉われない考え方を持っていることは知っていましたが、インスタグラムの投稿を見るまで、彼がそんなに大きな信仰の「脱構築」を通過していたなんて、まったく知りませんでした。衝撃的でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Drew Dyck: Like a lot of people, I was shocked. I’m not close to Josh, but we have exchanged messages a few times over the years and he once wrote a piece for CT Pastors. I knew that he had taken a sort of unconventional route, but I didn’t really have an inkling that he was going through such a dramatic deconstruction of his faith until we all saw this post on Instagram. So yeah, it was shocking.

私が感じた衝撃は、10年以上、彼の牧会を受けていた人々のショックや悲しみとは比べものにならないでしょう。自分の牧師が「棄教」するのは、信徒にとっても信仰を脅かす出来事ですから、その驚きは大きいと思います。多くの教えを受け、尊敬し、憧れを持っていた人が、信仰から離れるような劇的変化を見せれば、自分のことが分からなくなることもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But I think my shock probably pales in comparison to the shock and even the grief that the people that sat under his ministry for over a decade would feel, There’s a lot of consternation when your pastor says he’s “falling away” from faith because it’s an implicit threat to your own faith. I think especially when it’s someone you admired, that you learned from, that you looked up to, has such a dramatic shift away from faith, you kind of wonder about yourself.

インターネット上で悲しみや驚きの声、叫び声のような反応が上がる理由の一つは、それだと思います。そのような反応が正しいものだとは思いませんが、特に彼の教会関係者や読者の思いは汲み取りたいと思います。そういった反応をしてしまうのは理解できることです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
So I think that accounts for some of the grief, some of the shock, and even some of the shrill tone that I have seen from people responding to this online. And I don’t think that’s the right approach, but at the same time I want to be charitable, especially to people who were part of his church or read his books. I can understand the reaction.

──有名人が信仰の道から離れると発表したとき、クリスチャンが通常感じる感情にはどのようなものがあるでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
What’s the normal range of emotions that Christians are going to feel when a public figure announces that they’re leaving the faith?

ドリュー・ディック:それはどこか放物線をたどるようなものだと思います。まず、こんなことが起こるのかということに人々は驚きます。想像していなかった出来事ですから。不安定なティーンエイジャーが大学に行ってさまざまな考え方に触れた結果、信仰から離れるのとは訳が違います。そのような少し典型的なケースと違い、これはかなり衝撃的なものです。やがて悲しみに暮れるようになり、喪失感を覚えるようになります。その人と個人的なつながりがあれば、裏切られたような思いから怒りを感じることもあるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Drew Dyck: I think it kind of follow a trajectory. First of all, they’re surprised that this would happen. You don’t expect that. You might expect it from an angsty teenager or young adult who goes off to college and encounters different ideas and falls away from the faith of their childhood. That’s a little more typical. This is pretty shocking. And then there’s grief, there’s a sense of loss. And then often that can morph into anger because you feel a little bit of betrayal, especially if you had a personal connection to this person.

私がこれまで見てきた反応の中で、あまり良いものではないと思われる反応は、だいたい二つの両極端に分かれます。特にインターネット上で見られるのは、正直さや自分らしさを求めるという観点からその判断が称賛される反応です。確かに彼がそのことについて正直なのは良いことですが、信仰から離れていく人を称賛する声に私は賛同することはできません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Some of the reactions that I’ve seen that are probably a little that are unhelpful fall almost in two extremes. I’ve seen some people, online at least, kind of praising this decision that he’s made just for its honesty and authenticity. And yeah, that’s good that he’s being honest about it, but at the same time I wouldn’t be one of the ones that joins the course of praising someone for walking away from the faith.

信仰から離れることは悲しいことであり、そういう悲しみを持つことには問題ないと思います。一方で、信仰から離れた人に対して「前から嘘(うそ)っぽかった」と詰(なじ)ったり、バッシングをしたり、全人格を貶(おとし)めたり、ありとあらゆる悪意をぶつけたりすることは何の役にも立ちません。(そんなことを言う)私たちを見ている人がいるということを覚えておくことも重要です。信仰を持たない人々、信仰を捨てた人々、疑いを持っているクリスチャンがそのような反応を見るとき、彼ら彼女らの足はさらに信仰から遠のくことになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I do think it’s sad and I think it’s okay to acknowledge that. On the other hand, the opposite reaction of lashing out at that person, saying they were always duplicitous, or just starting to bash them, write them off entirely, or import all kinds of bad motivations on their part—that’s not helpful at either because it’s important to remember that there are people watching us. Unbelievers, people that have walked away, other Christians that may be doubting, and when we react like that, it can actually push people further away.

クリスチャンの世界では、著名人や有名人をリアルな一人の人間として捉えないことがよくあります。そして、(実際は考えがあってのことでも)「もっと考えろ」と攻撃するのです。しかし当然のことながら、「信仰を離れる」と公表するとき、その人は非常に傷んでいるのです。だから、自らの悲しみや驚きを表現するとしても、私たちは優しさを持つべきだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I think when someone’s prominent or famous, at least within our sphere of the Christian world, it’s easy to think of that person not as a real person, but just sort of a figurehead and just lash out is if they’re not paying attention when I think they often are. And of course, that’s a very vulnerable moment when you’ve announced that you’ve walked away from the faith. And so we would do want to be gentle even as we express our grief and shock.

──こういうニュースを親しい人から聞く時と、そうでない人から聞く時では、感情や反応は異なると思いますか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Do you think that any of these emotions or reactions are different from when one hears this news from a loved one?

ドリュー・ディック:愛する人、家族や親しい友人からこういう話を聞く時の反応は、少しややこしくなると思います。影響は明らかに大きいですよね。それが息子や娘、配偶者であれば、あなたの人生に与える影響は別次元のものになります。その人との過去の関係性も関わってきます。成長する中で教会を去ったり信仰を捨てたりすると決断した子どもの両親と話をしたことが多くありますが、彼ら彼女らが取る反応はしばしば非常に非生産的です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Drew Dyck: I think what makes it different when it’s a loved one, a family member or close friend, it’s a little trickier. The stakes are higher obviously, right? If it’s your son or daughter or spouse, it impacts your life on a whole different level. And there’s a whole relational history there. I’ve talked to a lot of parents that have had their grown children make a decision to leave the church or even the faith, and often the ways they respond are very counterproductive.

子どもがどういう行動を取るべきかについて言ってみたり、説教をしたり、驚くほど防御的になる人もいます。関係性があること自体は素晴らしいことですが、特に子どもから「もうやめた。もう自分はクリスチャンじゃない」などと聞いた時に熱い思いが爆発してしまうと、その関係性を壊してしまう危険性があります。なので、まずは深呼吸して落ち着いてから、信仰というトピックについてどうアプローチするのか、注意に注意を重ねるべきだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
You think you can tell them what they need to do, or start preaching at them, or get incredibly defensive. So while it’s great that there’s that relational connection, it can actually sabotage it because there’s a lot of white-hot emotions that arise—especially in the immediate aftermath of someone saying, “I’m out. I’m not a Christian anymore.” So it’s really important take a deep breath, take a step back, and really be careful in how you approach the topic of faith going forward.

──誰かがキリスト教から離れると聞いたとき、決して言うべきでないことは何ですか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
What are some things you should absolutely never say to someone who’s just decided to disclose to you that they’ve left Christianity?

ドリュー・ディック:多種多様なものがあると思いますが、多く見られる反応の一つは、なぜ信仰を捨てるのか、なぜ捨てたと思うのかを推測で話すことです。たとえば、「不道徳な行いをしたから、もうクリスチャン面(づら)をすることができないんじゃないか。だから、自分の行動に合わせて信仰を変えようとしているのでは」などと言う人がいます。しかし、それは意味がありません。たとえあなたが正しいとしても、それは、これからその人と生産的に対話を続けるのに役立たないからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Drew Dyck: There’s probably a large range of things, but I think one of the common ones that I’ve seen is starting to hazard guesses as to why they left or just telling them why you believe they left. Saying something like, “you’re just doing that because you’re compromising morally, and you can’t hack it as a Christian anymore. So you’re changing your creed to match your conduct.” That’s not helpful. Even if you’re right, it’s not going to be helpful for facilitating productive dialogue with that person going forward.

もう一つ、多くの人が犯す間違いは、すぐに議論しようとすることです。自分の立場を守ろうとすることは絶対に必要だと思うし、自分が信じるものについて、なぜ信じるのかについて学び、知る必要はあります。しかしだからと言って、誰かが信仰を捨てると告げた時、すぐにそういった話に飛び込んでしまっては、その人はその議論の意味を見いだすことはできないでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I think another thing people get wrong is they immediately try to argue. I love apologetics; they are absolutely essential. We have to study, know why we believe what we believe, but when you just jump into that after someone tells you they no longer believe that can be unhelpful as well.

あなたが最初に伝えるべきことは、ただその人への愛を再確認する言葉だと思います。「あなたの信仰に対する姿勢が変わったことを私は理解しています。ですが、これは私たちの関係を変えません。あなたを愛しています。私はどこにも行きません」と。これはとても大切なことです。その時、非常に脆(もろ)い状態にある彼ら彼女らには、その言葉を聞く必要があります。あなたからそのような確約をもらうことが必要不可欠なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I think the first thing to say instead is to just affirm your love for them. Say to them, “I understand that you’re changing your stance on faith. This doesn’t change our relationship. I love you. I’m not going anywhere.” That’s huge because that’s what they need to hear because they’re in a very vulnerable state at that point. So to hear that kind of affirmation from you is essential.

──誰かが信仰を捨てようとしているのではないか、捨てようとしている最中なのではないか、あるいは、すでに捨てたのではないかという疑いを持ったとき、その人自身がそれを告白するのを待つべきでしょうか。それとも、私たちから歩み寄るような、より健全な方法はあるでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
If we suspect that someone is leaving, in the process of leaving, or has left it in some way, is this something that we should always wait for them to bring up and to disclose with us? Or is there a way that might be healthier for us to kind of be vulnerable first?

ドリュー・ディック:誰かがその曲線上を歩んでいるように見えたなら、そのトピックを切り出しても大丈夫だと思います。当然のことですが、非難するような口調になってしまっては、責められているような気持ちになるので良くありません。まだそのことを話す準備ができていない可能性もあります。しかし、もしあなたが答えを決めつけないように質問できるなら、「ねえ、最近は信仰的にどう」というように興味を示すのはいいと思います。そこで相手がもし話してくれるようなら、立ち入りすぎることなく、話の邪魔をすることなく、議論をふっかけることなく、すべてを聞いてあげることが本当に大事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Drew Dyck: I think it’s okay to broach the topic if you suspect that someone has been on a certain trajectory. You don’t want to be accusatory, obviously, because that can be threatening, and they may not be ready to open up to you. But if you can ask open-ended questions like, “Hey, where are you at these days spiritually?” Just be curious to find out. And then if they do open up, it’s really important to hear them out entirely without jumping in, without interrupting, without arguing.

私の最初の本では、信仰から離れた20代の人々を追いかけました。私はもともと議論したり、話をかき回したりするのが大好きなので、いい修行になりましたよ。ジャーナリストのように余計な口出しをせず、人々の話を1、2時間じっと聞かなければならないわけですから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
For my first book, I tracked down dozens of mainly 20-somethings that had walked away from the faith, and it was a good practice for me because I love to argue, love to get in there and try to mix it up, but I was you know playing the journalist so I had to kind of bite my tongue and just kind of listen to their entire story for an hour or two.

私には素晴らしい体験でした。中には「誰かに話を聞いてもらえて、全部吐き出せて、すごく良かった」と言ってくれる人もいました。こういう話題が持ち上がるとき、話を聞くのではなく、議論をふっかけたり、相手に詰め寄ったりする人がたくさんいますから。彼ら彼女らが話の初めに言うことは、必ずしも問題の本質ではありません。一見、信仰に反対しているように見えても、話をより詳しく聞いていくと、実は子どもの頃に教会で恐ろしい経験をしたりしていることがあります。それが問題の本質である可能性もあるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
And it was incredible to me. Some of them even said, “It’s so good to have someone listen to my story, to actually get this all out.” Because often when it comes up, someone jumps in and starts to argue with them rather than hearing out the whole story. And often the very first things they say aren’t the real issues. They might have an intellectual objection to the faith, but then you dig into the story a little more and you hear a little more about their journey, and they had some awful experience— even in their childhood—in the church, and that’s maybe the core issue.

ですから、決めつけも議論も抜きに、最初から最後まで話を聞くことが重要です。それは、このあと生産的な対話をしたいと望むのであれば、必要なスタート地点です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
So it’s really important to kind of get the full story at first—without judgment, without arguing—because if you’re going to have a productive conversation going forward, it has to start that way.

──ジョシュア・ハリスは、自らが「脱構築」の過程にあると言い、それを「棄教」と同一視しています。「脱構築」は、教会を去ることや信仰を捨てることと同義と言えるでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Josh Harris said he was in the process of deconstruction and he equated that with falling away. Do you think it’s appropriate to say that deconstruction is synonymous with leaving the church or leaving the faith or is that something different?

ドリュー・ディック:違うでしょうね。「脱構築」と「棄教」は別々のものだと思います。彼がその二つを同一視するのを見て、私は少し驚きました。人々は「信仰の拒絶」という意味で「脱構築」という用語を使うことが多くありますが、その用法は正しくないことのほうが多いと思います。「脱構築」とは、両親から信仰を受け継いだ子どもが年をとり、知識が増えるにつれて、その信仰を「自分のものにする」必要性に気づく時に起こると思っています。そして、それは変わるものです。私たちの中でどれだけの人が「今の信仰は10代の時と変わっていない」などと言えるでしょうか。それはごくまれなケースでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Drew Dyck: I think it’s something different. I think “deconstruction” and “falling away” are different. I was a little surprised to see him equating those two. Often people use a term like “deconstruction” to mean a rejection of the faith, but I think more often they don’t. I think usually they’re talking about inheriting a faith from parents or childhood and realizing that the older they get, as they study, the more they need to make it their own. And so it’s going to change. I mean how many of us can say that our faith is identical to what it was when we were teenagers right? That’s incredibly rare.

私たちは誰でも、何らかのかたちで信仰の「脱構築」を経験すると思います。そのあとに「再構築」がなされる限り、それは悪いことではありません。「脱構築」という言葉は、文芸批評の文化から生まれたもので、何かを完全否定するという意味ではありません。それは、文脈に含まれる緊張関係やその組み合わせ、どのような力関係が作用しているかを解明するための作業です。上手くいけば、信仰の「脱構築」は良い結果を生むことができます。何が重要で何がそうでないのか、何が文化的で何が聖書的なのかなど、信仰がどう働いているかについて、より詳細な分析をし、本当の意味で理解しようという試みですから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I think in some way we all go through subtle deconstructions in our faith, and that’s okay as long as there’s a construction. I mean the term deconstruction comes from literary criticism and it doesn’t mean to tear down something. It actually means to expose the tensions within a text and kind of see how it’s put together, what power dynamics are at play. And so in the best sense, deconstruction of faith can actually be a positive thing. Where you’re just giving it a closer analysis and truly trying to understand how your faith works, what’s essential, what’s inessential, what’s cultural, what’s truly biblical.

人々が健全な「脱構築」を体験することで、より強い信仰を持つことができると私は信じています。ファンダメンタル(原理主義的)な傾向を持つ人にとって、それは特に難しいことかもしれません。彼らは、子どもの頃から信じてきたことから外れるか否か、0か100かで判断するからです。当然のことながら、真剣な信仰を持つと言っても、そこにはさまざまなかたちが存在します。なので、「健全な脱構築」はあるし、それは「棄教」と同じではないと思います。(後編に続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I do think that people can go through a healthy deconstruction that ends up with a stronger faith. I think it’s especially hard for people that come from a little more fundamentalist background because they think that if they’re going to depart from what they believed in their childhood, it’s almost an all-or-nothing proposition when of course there are many ways to be a faithful Christian. So yeah, I think deconstruction can be a healthy thing and is not synonymous with falling away.
Print Friendly, PDF & Email
よかったらシェア
神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.