クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】6代目のモルモン教の娘、キリストに出会う

 

私は負けず嫌いなテニス選手で、学業成績も優秀でした。私は何をするときも一生懸命取り組みました。それは良いモルモン教徒であることも例外ではありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I was a competitive tennis player and an academic high-achiever. Whatever I did, I did it with all of my heart—and being a good Mormon was no exception.

※モルモン教……日本ではキリスト教と誤解されることの多い米国発の新宗教「末日聖徒イエス・キリスト教会」の通称。聖書のほかに『モルモン書』という教典を持ち、正統なキリスト教とは違った教えを信じている。十字架のない教会のような神殿があり、日本では有名人の信者に斉藤由貴やケント・ギルバートなどがいる。

モルモン教の初期の指導者を描いた絵はがきで、左端がジョセフ・スミス。

私は6代目のモルモン教徒の娘として、モルモン教会は神の真の教会であると信じていました。また、創設者のジョセフ・スミスは神の真の預言者だと信じていました。

6歳のとき、モルモン教の律法に忠実に従うことによって、天の王国で永遠を過ごすことができると確信しました。そこで神をほめたたえ、神聖なる子どもを産むのが私の最高の夢でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As a sixth-generation Mormon girl, I believed that the Mormon Church was the one true church of God. I believed Joseph Smith was a true prophet of God. By age six, I was convinced that having a temple marriage and faithfully obeying Mormon laws would qualify me to spend eternity in the highest heaven—the Celestial Kingdom. There, I would exalt into godhood and bear spirit children. This was my greatest dream.

幼かったので、「服従すること」は小石を蹴(け)るぐらい簡単に感じましたが、10代になると、まるで岩を引きずっているかのような重荷に感じました。それには、十分の一献金をささげること、控えめな服装をすること、性的・道徳的な清らかさを維持すること、積極的に教会に出席すること、知恵の言葉に従うこと(酒やお茶、コーヒー、タバコを禁じること)が含まれます。それでも、いつか神殿に足を踏み入れるのにふさわしい者になりたいと思っていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As a young girl, obedience felt as easy as skipping pebbles. As I entered my teenage years, it felt more like dragging boulders. The burdens included paying a full tithe, dressing modestly, maintaining sexual and moral purity, actively attending church, and obeying the Word of Wisdom (which forbade consuming alcohol, tea, coffee, or tobacco). I longed to make myself worthy of entering the temple one day.

やがて高校生になると、誘惑が訪れました。同じモルモン教の友人はパーティーの世界に流され始めました。お酒は、律法主義によって愛する努力と恥ずかしさから解放してくれるように見えたのです。毎週のウィークエンドの誘惑にあらがうには、鉄の意志が必要でした。3年間、私は抵抗し続けましたが、まるで沸騰して蒸気が噴き出すのを待っている圧力鍋のように感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But there were temptations to resist. Throughout high school, Mormon friends of mine began drifting into the world of partying. Alcohol seemed to release them from the striving and shame that comes with performance-based love. It took a will of steel to resist joining them each weekend. For three years I resisted, feeling like a pressure cooker of unworthiness waiting to explode.

信仰を試される

高校3年生になり、私は抵抗することをあきらめ、「この反抗は今だけの一時的なことだ」と自分に言い聞かせました。それまでに注ぎ込んできたのと同じ情熱でパーティーの世界に飛び込み、思う存分、浴びるようにビールを飲みました。一度パーティーに行くと、良心はまひしました。そして、「価値のないもの」を気にかけなくなった自分に安心しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As a senior, I gave up resisting, telling myself that this rebellion would only last for a season. I jumped into the party world with the same passion I brought to the rest of my life, funneling beer without restraint. One party at a time, my conscience started shutting down. I was “unworthy”—and relieved to no longer care.

しかし、モルモン教の律法主義から解放されたと感じても、モルモン教会が神の真の教会であると信じることは揺らぐことはありませんでした。その真実は自分の奥深くに埋め込まれていたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Yet even as I felt liberated from Mormon legalism, I didn’t waver from believing that the Mormon church was God’s true church. That truth was embedded deep within.

ユタ州ソルトレイクシティにあるユタ大学キャンパスの中央通路(写真:Klubbit)

ユタ大学1年生のとき、ゲイリーに出会いました。私たちは二人とも反抗的に生きるアスリートで、互いに夢中になりました。私たちは多くの共通点を持っていましたが、信仰だけは異なっていました。ゲイリーは自分のことを新生したクリスチャンだと言いました。それがどういうことなのか聞いたことは一度もありません。つきあい始めて一カ月は、この話を避けていました。そして、12月のある日、ゲイリーはこの話の扉を開けたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
During my freshman year at the University of Utah, I met Gary. We were both athletes living rebelliously, and we were mutually infatuated. Though we shared much in common, our religious beliefs differed. Gary told me he was a born-again Christian—I’d never heard of one. For the first month of our relationship we avoided the subject. Then, on a wintry December day, Gary cracked open the door of this conversation.

「モルモン教が真実であると、どうして分かるの」。私はこんな質問を聞いたことがありませんでした。しかし、ためらうことなく私は「胸が熱くなったので」と答えました(これは私たちの聖典の中に書かれていることで、「胸が熱くなる」のは本物の真理を認識したしるしだというのです)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“How do you know Mormonism is true?” I had never heard this question before. But without hesitation, I replied, “Because I’ve experienced a burning in my bosom.” (This is what our scriptures had informed us—that a “burning in the bosom” would accompany the perception of authentic truth.)

ゲイリーはそう簡単には引き下がりませんでした。続く15分間、私に挑戦してきたのです。「感情には浮き沈みがあり、それぞれの状況で変わるものなのに、そうした感情的な経験がなぜ真実になるのか説明してほしい」と言われました。でも私は、霊的な真実を評価するほかの方法を知りませんでした。それだけでなく、自分の信念に疑問を投げかけたり試したりしないよう教えられていたので、考えてみたこともなかったのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Gary was not so easily swayed. Over the next 15 minutes, he challenged my logic. He asked me to explain how an emotional experience alone makes something true, pointing out that feelings ebb and flow and vary according to circumstance. I, however, knew no other paradigm for assessing spiritual truth. Moreover, I had been taught not to question or test my beliefs, so I never did.

『モルモン書』の初版本(写真:Mark Burris)

ゲイリーは続けました。「モルモン教の歴史を調べたことはある?」

「どういうこと?」

「ジョセフ・スミスが神の真の預言者だと、どうして分かるの? 『モルモン書』が神の言葉だとなぜ分かるんだい」

数分のうちに私の不安は恐怖に変わりました。私の胸がたとえ熱くなったとしても、ゲイリーに何も納得させられないことに気づいたのです。強固な基盤のように感じていたものは、流砂のように溶けていきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Gary continued, “Have you looked into the historicity of Mormonism?” Historicity? What is that? “How do you know that Joseph Smith is a true prophet of God? How do you know the Book of Mormon is God’s Word?” More questions that had never crossed my mind. Within minutes, my unease turned into terror. I realized that a burning in my bosom wasn’t going to convince Gary of anything. What had felt like a firm foundation was dissolving into quicksand.

その後何カ月か、ゲイリーとパーティーはしても、霊的な会話は避けていました。自分の無知に対して審判の日が来ることを恐れていたのです。モルモン教への挑戦は、両親や教会、コミュニティーを裏切ることを意味していました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Over the next month, Gary and I partied together and avoided spiritual conversations. I was afraid of reckoning with my own ignorance. Challenging Mormonism meant betraying my parents, my church, and my community.

それにもかかわらず、私たちは互いに好きだという気持ちが強くなっていたため、この繊細な部分に対処する必要があると分かっていました。それで聖書を一緒に勉強し始めたのです。ゲイリーは、それが神の言葉であり、限りなく正しく翻訳されている真実だと信じていました。私は、ゲイリーがモルモン教に改宗してくれることを望み、ゲイリーは、自分の信じている主イエスと私が出会うことを望みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Nevertheless, our affection for each other was growing, and we knew this lingering division needed to be addressed. So we agreed to study the Bible together. Gary believed it was the Word of God, and I believed it was true “as far as it was translated correctly.” I hoped Gary would convert to Mormonism. He hoped I would encounter a Jesus he believed I had never met.

私は聖書研究を1回受けただけで意気消沈しました。聖書の教えとモルモン教の教えにはいくつかの重大な違いがあり、そのことに私はショックを受けました。その後の聖書研究はさらなる苦痛を引き起こし、5カ月間、私はゲイリーと聖書と戦い、情熱をもってモルモン教を擁護しました。しかし、モルモン教とジョセフ・スミスの歴史的信憑性を聖書と比較するにつれて、私の要塞は崩れ始めました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
It only took one Bible study to send me into a tailspin. Each subsequent study stirred up further distress, as I was shocked to find several crucial disparities between biblical and Mormon teachings. For five months I battled with Gary and the Bible, defending Mormonism with passion. But my fortress began to crumble as I compared the historical authenticity of Mormonism and Joseph Smith with that of the Bible.

東京・広尾にあるモルモン教の神殿(写真:nesnad)

これは破壊的で腹立たしいものでした。同時に、自分には神性はなく、罪深い者であるというように、自然に聖書的な見方をするよう心が開かれていきました。また、神殿の結婚を通して永遠の命を得るのではなく、神の恵みによってのみそれが得られることが分かりました。神も、肉体と骨ではなく霊であり、三位一体の神であるという神の性質をよりよく理解するよう心が開かれました。モルモン教の神は、神性への道を歩んだ人間でしたが、聖書の神は、常に変わらぬ神でした。私はこれを理解するのに苦労しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
This was devastating and infuriating. At the same time, it opened my mind to the biblical view of my nature—sinful, not divine. I saw that I could not obtain eternal life through a temple marriage but only through God’s grace. It also opened my mind to better understand God’s nature—three persons in one God, the Father being Spirit instead of flesh and bones. The Mormon God was a man who worked his way into godhood. The biblical God had always been God, unchanging. I struggled to wrap my mind around this.

私はまた、神がイエスの真理を通して神の国に入るよう私を招いているのを見ました。キリストの義に覆われて、私はいつも父なる神の喜びと臨在に値する者であることが分かったのです。しかし、代々受け継いできた信仰を否定することや家族の怒りを考えると恐怖に陥りました。私はこの思い切った決断をするために、確実なさらなる確信を望みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I saw, too, that God was inviting me to walk into his kingdom through trust in Jesus. Covered in Christ’s righteousness, I would always be worthy of the Father’s delight and presence. But rejecting the faith of my forebears and risking the wrath of my family terrified me. I wanted further assurance that I was right to take this plunge.

さらに5カ月間の聖書研究を経て、私はまだ三位一体の神という考えと格闘していました。ある日、私がベッドに座って悶々としていたとき、神は幻で私に近づいてきました。玉座のイエスのまわりにいる大勢の人々を見ました。彼らはイエスの前でひれ伏し、「聖なる、聖なる、聖なるかな」と賛美をささげていました。彼らが礼拝している間、私は泣き崩れました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
After five more months of research, I was still wrestling with the idea of a Trinitarian God. One day, as I sat in bed conflicted, God drew near to me in a vision. I saw a sea of people around Jesus, who sat on a throne. They bowed before him, singing, “Holy, Holy, Holy is the Lord God Almighty. Who was, and is, and is to come.” As they worshiped, I fell to my face and wept.

その暑い8月の日に、私はイエスを心に受け入れ、神の国に入りました。18年間、私を窒息させていた恥ずかしさから解放されたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
On that hot August day, I received Jesus into my heart and walked into his kingdom. I was free of the shame that had suffocated me for 18 years.

リサ・ブロックマン『シオンから──モルモン神殿でイエスと出会う』

愛に覆われて

その後数カ月で、私を苦しめていた依存症に最終的に立ち向かう願いを神は与えてくれました。人間関係と酒で満たそうとしても決して満たされなかった愛と平安を、神ご自身が満たしてくださるよう祈りました。ただ、「変われるはずがない」と感じていたのも事実です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In the months that followed, God gave me a desire to finally confront the addictions that had grown and festered within me. I prayed that he would fill me with the love and peace I’d sought through relationships and alcohol, which could never satisfy. But I felt powerless to change.

21歳の誕生日、友だちと大量のアルコールを飲んだ後、私を持ち帰りたい男たちを上手くかわして夜を過ごしました。トイレで嘔吐する友だちの頭を支えていたとき、私はもっと違う人生を熱望しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
On my 21st birthday, after consuming large quantities of alcohol, I spent the night fending off drunk guys who wanted to take me home. I steadied a friend’s forehead as she vomited into the toilet of a urine-soaked bathroom. I craved a different kind of life.

その同じ12月の夜、私は家に戻り、神の前にひれ伏しました。こぶしを握りしめ、涙を流しながら、自分がアルコール依存症であることを告白し、心と体が主の道を歩めるよう願いました。「新しい命を与えてくださった主イエスに完全に身をゆだねて生きていけるよう、私を解放してください」と祈り、眠りにつきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
That same December night, I returned home and fell face-down before God. With fists clenched and tears streaming, I offered each addiction to him, inviting him to have his way in my heart, my mind, and my body. I asked him to free me to live fully surrendered to Jesus, the one who gives life. And then I slept.

翌朝、目覚めたとき、まるで心と精神が完全に移植されたかのように生まれ変わっているのを感じました。私は依存症から解放され、平安に満たされていました。私の中のモルモン教の少女は安堵のため息をつき、「自分はふさわしい」と証明しなければならない負担から解放され、ありのままの自分をそのまま愛してくださる方の腕の中で休んでいました。そして、私はその愛をほかの人にも注ぎたいと思ったのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
When I awoke the next morning, I felt born again, as if God had performed a total heart and mind transplant. I was released from my addictions, and peace filled my entire being. The Mormon girl inside me breathed a sigh of relief. Set free from the burden of proving myself worthy, I rested in the arms of the One who had loved me enough to cover me with worthiness all his own. And I longed to pour that love into others.

リサ・ブロックマンはフロリダに住んでいるクルー・ライブのスタッフ。『シオンから──モルモン神殿でイエスと出会う』の著者。

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/ct/2019/october/lisa-brockman-out-zion-sixth-generation-mormon.html

Print Friendly, PDF & Email
よかったらフォローお願いします。
よかったらシェア
神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.