ルーテル世界連盟からの挨拶状、新型コロナ・ウイルス撲滅の連祷 日本福音ルーテル教会が報告

 

日本福音ルーテル教会は13日、ルーテル世界連盟(Lutheran World Federation)から所属教会宛に送られてきた挨拶状(あいさつじょう)とCOVID-19(新型コロナ・ウイルス)撲滅の連祷が届いたことを報告した。「COVID-19が世界的流行の様相を呈する中、すでにWHO(世界保健機関)よりパンデミック(世界的大流行)が宣言されている状況の中で、世界の教会と祈りを一つにしていきたいと思います」という。

ムサ・パンティフィリブスルーテル世界連盟議長(写真:LWF / Albin Hillert)

まず、ルーテル世界連盟(LWF)からの挨拶状は以下のとおり。

2020年3月11日 ジュネーブ

キリストにある兄弟姉妹の皆さんへ

新型コロナ・ウイルス感染症 COVID-19 流行の報道を連日耳にする今、多くの国々が医療施設の許容限度を超えないよう配慮しつつ、感染を封じ込めようと様々な制限措置を講じています。

3月10日火曜日のモラビア兄弟団の日々の御言葉はこれです。

「神は、おくびょうの霊ではなく、力と愛と思慮分別の霊をわたしたちにくださったのです。」(テモテへの手紙二 1章7節)

試練の最中にあるルーテル世界連盟の教会信徒及び指導者の方々とともに、この御言葉に心を向けたいと思います。

人間世界のただ中で私たちと共に苦しまれる神様がいてくださる。そのことを信頼し続ける時が今です。神様は私たちを決して見捨てない。あの十字架という出来事を経た時でさえそうだったという事実に勇気づけられます。

隣人への愛の呼びかけに加えて、上の御言葉は思慮分別を呼びかけています。愛と思慮分別はひとつのこと。今まさにそうだと言えます。不要な接触を控えることが愛を示すこととなり、病に罹(かか)りやすい人々への配慮となります。思慮分別を神様からの賜物と受け止めましょう。

こうした状況下、集会や礼拝で集まる場でしなければならない手立てもあるようです。アジアのLWF教会での実践が紹介されていますので、感謝とともにお知らせします。
https://www.lutheranworld.org/news/churches-asia-advise-prudence-covid19-outbreak
ウイルスを封じ込め感染を防ぐために為(な)すべきことをご検討ください。

各国の医療機関の指示とアドバイスを守り従うようにしましょう。誤った情報が出回っています。WHOをはじめとする公的機関の情報を信頼して、誤報道の拡散を阻止しましょう。
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019

世界のLWF教会、特に感染の発端となった地域の国々と教会を覚え、互いに祈りあいましょう。普段日常的に交わす言葉や関わり方ができないというのはとてももどかしいでしょう。仕事に従事しておられる方々には、先を見通せない不安がおありでしょう。全世代の人たちが、今健康を憂いています。

今回の試練に関連しますが、デング熱、マラリア、HIV&AIDSにさらされている人々が今もいるという痛ましい現実、人間の生命を奪う数々の病疫と戦っている人々のことを覚えましょう。

コロナ・ウイルスの広がりのせいで、こうした現実が今もあることに目をつぶってしまわないように、というのが私たちの祈りです。人間の生命がいかに脆(もろ)いかに気づかされ、そこから祈りと隣人への愛の奉仕のわざ(ルカによる福音書10章25-37節)へと心が新たにされる機会となりますように。

これが皆さんへの励ましの言葉となりますように。私たちも祈り続けます。

LWF(ルーテル世界連盟)議長
ナイジェリアルーテル教会総監督
ムサ・パンティフィリブス

LWF事務局長
マーティン・ユンゲ

ルーテル世界連盟(LWF)による「【新型コロナ・ウイルス】COVID-19 撲滅のための祈り」は次のとおり。

司式)私たちを癒してくださる神様。病と恐れの渦(うず)に飲み込まれた世界の家族を憐れんでください。どうか私たちの叫び声を聞いてください。

会衆)神様、聞いてください。

司式)新型コロナ・ウイルスが世界で流行する今、助けとなってください。病床の方々を癒してください。家族や友人が感染しないように支え、お守りください。

会衆)お守りください。

司式)ウイルスの広がりを防ぎ根絶できるまで、私たちが力をあわせて共に働けるよう私たちに愛と自制の霊を授けてください。

会衆)授けてください。

司式)マラリア、デング熱、HIV&AIDS[その他の病名を声を上げて唱える、もしくは沈黙のうちに覚えてもよい]は、多くの民を苦しめ死に至らしめています。こうしたすべての病が消滅するように私たちが心を配り、備えができますように。神様、私たちの叫び声を聞いてください。

会衆)神様、聞いてください。

司式)自らが脅威に曝(さら)されてウイルスの問題に目を向け始めた私たちです。自己中心的で無関心な私たちを癒してください。おじけづかず、隣り人に思いを寄せられるよう私たちの心を開いてください。私たちの叫び声を聞いてください。

会衆)神様、聞いてください。

司式)公共機関、医療の現場での働く方々、病床の人とその家族を懸命に助けている介護者、看護師、医師たちを強めて、励ましをお与えください。主よ、私たちの叫び声を聞いてください。

会衆)主よ、聞いてください。

司式)ワクチンの開発に勤(いそ)しむ研究者たちに、天来の知恵と希望を授けてください。

会衆)授けてください。

司式)国境や町の閉鎖、検疫その他の制約によって、働く機会を奪われ生活の糧を失いつつある労働者と経営者を支えてください。旅行しなければならない方々をお守りください。神様、私たちの叫び声を聞いてください。

会衆)聞いてください。

司式)世界各国の指導者たちが真実を語り、誤った情報を流さず正しくふるまうことで、あなたの民に癒しが届けられますように。神様、私たちの叫び声を聞いてください。

会衆)神様、聞いてください。

司式)この世界を癒してください。私たちのからだを癒してください。心と思いを強くしてください。混乱の最中にも希望と平和をお与えください。神様、私たちの叫び声を聞いてください。

会衆)神様、聞いてください

司式)病の犠牲となられた方々、今日そうなるかもしれない方々を御手のうちに受けとめて、失意に沈む人々を慰めてください。神様、私たちの叫びを聞いてください。

会衆)神様、聞いてください。

司式)すべての家族、全人類、お造りになったすべてを、あなたの愛のうちに覚えてください。

全員)アーメン

Share

Related Posts

  1. 【教団ニュース紹介】日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団

  2. 日本基督教団、牧会者とその家族のための相談電話、メール相談を呼びかけ

  3. 聖書事業功労者賞は宮原守男氏、日本福音功労賞は吉持章、藤井圭子、星野富弘の3氏

  4. 青年伝道に力を入れてきた日本基督教団・全国教会青年同盟が設立50周年。記念礼拝開かれる

  5. 飯謙氏、「聖書協会共同訳」について語る(8)

  6. 「神様は、理解されない悲しみの傍(かたわ)らにいる」聖学院大で左近豊さん講演

  7. 【訃報】 東海林勤さん(高麗博物館初代理事長、日本基督教団牧師) 2020年8月25日

  8. 神戸国際支縁機構、トルコ沖地震を支援 孤児への関心が宗教間の対立を取り除く

  9. 樋口進氏、「聖書協会共同訳」について語る(2)

  10. 日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団 新型コロナ・ウイルスに対するガイドラインを発表

  11. イタリアのパイプオルガン、日本福音ルーテル大分教会へ

  12. 東京基督教大学の新入生は57人、山口学長の新体制がスタート

  13. コロナ禍で教会ができることとは?生活に困窮する人々に寄り添う、北海道「札幌豊平教会」の手作り弁当

  14. コロナ禍で来秋に延期 第59回聖書和訳頌徳碑記念式典

  15. 肺腺がん手術の河村隆一さん、日本福音ルーテル広島教会などで「教会ツアー」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。