キリスト教主義大学(カトリック)の秋学期 授業は遠隔と対面の併用で

新型コロナウイルス感染拡大が終息しない中、カトリックのキリスト教主義大学の後期授業が始まった。遠隔授業を基本にしつつも、対面での授業も一部の科目で実施されている。各大学では、学内で感染者が発生しないよう独自の感染防止策を打ち出し、学生への徹底を呼びかけている。

キリスト教主義大学(プロテスタント) 秋学期からは対面授業も

新型コロナ・ウイルス感染症拡大の終息が見えない中、全国の大学では秋学期が始まった。キリスト教主義大学(プロテスタント)でも、感染防止のガイドラインを徹底させ、コロナ禍に対応した授業形態を提供しながら、学修環境・機会を維持することを目指している。19日現在、各大学の授業の形式は次のとおり。