今日は何の日?

3月15日は安西均の誕生日

 

今日3月15日は詩人の安西均(あんざい・ひとし)の誕生日です。終戦の直前、朝日新聞の記者だった26歳のとき、日本基督教団・福岡渡辺通(わたなべどおり)教会で洗礼を受けました。キリスト教を背景にした詩は『遠い教会』(教文館)にほぼ収録されています。

「たそがれの髑髏ヶ丘」という詩の冒頭と最後を紹介します。

たそがれ迫る髑髏ヶ丘(ゴルゴタ)刑場に、
三基の十字架が打ち捨てられている。
この日、三人の処刑が行われたばかりだ。
……
奇蹟によっては延命されることなく、
万人と等しい死を遂げたために、
イエスは真の〈神の子〉となったのである。
それこそが、神の御意(みこころ)にほかならなかった。
紀元三〇年春。この日、ゴルゴタの丘で、
打ち捨てられたままの十字架のそばに、
アネモネが一輪、暮れ残っている。

このレントの期間、受難曲やキリストの名画を鑑賞するのもいいですが、クリスチャン詩人の言葉に触れてみてはいかがでしょうか。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

None found

サポーター募集中!
メルマガ(無料)登録 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-今日は何の日?
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.