3月17日は聖パトリックの祝日

 

今日3月17日は聖パトリックの祝日です。アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリック(387?〜461年)の帰天日で、アイルランド共和国では祝日。

米国オハイオ州にある聖パトリック・カトリック教会のステンドグラス(写真:Nheyob)

「シャムロック(三つ葉のクローバーなど)の葉が3つに分かれているのは『三位一体』を表している」と伝道に利用したことから、シャムロックは聖パトリックのシンボルとなり、アイルランドの国花にもなっています。どこでも見られるため、アイルランドは「エメラルド・グリーンの島」と呼ばれるようになりました。そのため、聖パトリックの祝日には、シャムロックを胸に飾るか、緑色の衣装を着たりして祝います。

(写真:Garry Knight)

日本でも「アイルランドをもっと知ってもらおう」と、各地で聖パトリックのパレードが開催されています。最初のパレードは1992年に行われ、今年で28回目になります。アイリッシュ・ネットワーク・ジャパン(INJ)が主催して、東京では原宿・表参道を緑色に着飾った約1000人がパレードする予定でしたが、新型コロナ・ウイルスの感染拡大を考慮して中止となりました。

このようなパレードが始められたのは、アイルランド系移民が多い米国で、アイリッシュの兵隊が1762年3月17日にニューヨークの町を行進したのが始まり。現在、世界でいちばん大きなパレードが行われるのはニューヨークのマンハッタンです。

また1865年2月、長崎に大浦天主堂が完成して献堂式が行われ、この3月17日に浦上の信者が見物に来て、プチジャン神父にキリシタンであることを告白した「信徒発見」の日でもあります。

プチジャン神父はその時のことを次のように書いています。

心の底から感謝すべきことがあります。私たちの近くに潜んでいた日本の信者の子孫たちが突然現れたのです。彼らは聖書の教えをよく守っています。……昨日の正午過ぎ、14~15人の老若男女が聖堂の門のところに来たのですが、その様子がいつもの見物人のようには見えず、何やら深い事情があるようだったので、私はすぐに門を開いて中に案内しました。……40歳あまりの女性が私の横に来、胸に手を当てて、壁に耳があることを恐れつつ声をひそめて、「ここにいる私たちは皆、あなたと同じ心です」とささやいたのです。……

Share

Related Posts

None found

  1. 【連載小説】月の都(54)下田ひとみ

  2. 10月7日はミステリー記念日

  3. 7月26日はヘンリー・タッピングの誕生日

  4. 【今日は何の日】8月30日 リマのローザの日

  5. 12月19日 は櫻井ちかの召天日

  6. 【連載小説】月の都(4)下田ひとみ

  7. 2020年11月15日「渇いている人はだれでも」

  8. 生死の狭間からとんでもない人生が始まった! ジョン万次郎の誕生日

  9. 3月26日「正しい者はいない」

  10. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第3回 教会にて

  11. 8月16日は黒柳朝の召天日

  12. 9月20日は彼岸の入り

  13. 風邪にはご用心を!「我思う故に我あり」のデカルト

  14. 3月2日「だれの子だろうか」

  15. ユートピア(理想郷)を見出したトマス・モア

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。