3月22日は山内義雄の誕生日とバラの主日

 

今日3月22日はフランス文学者の山内義雄(やまのうち・よしお)の誕生日です。

29歳の時に翻訳したアンドレ・ジッド『狭き門』(新潮文庫)は名訳と言われ、日本にジッド・ブームを引き起こしました。カトリックとプロテスタントの家庭を軸に書かれたロジェ・マルタン・デュ・ガール『チボー家の人々』(白水社)の翻訳者としても知られています。

早稲田大学や白百合短期大学などで教鞭をとり、74歳の時にカトリック神田教会で洗礼を受けました。若き日、駐日大使だったポール・クローデル(劇作家)から「完全なフランス語を話す青年」と評されましたが、77歳になるまで一度もフランスに行ったことはありませんでした。

また今日はバラの主日でもあります。

四旬節(受難節)第4主日は、カトリック教会などでは、司祭がミサの時に首からかけるストラ(他教派ではストール)や祭服が、喜びを表すバラ色になります。四旬節の典礼色は悔い改めを表す紫が使われますが、バラ色は待降節第3主日と四旬節第4主日の年2回だけ使うことが許されています。

「レターレ・サンデー」とも言われます。「エルサレムと共に喜び祝い、彼女のことで喜び躍れ、彼女を愛するすべての人よ。彼女と共に大いに喜べ、彼女のために嘆いていたすべての人よ」(イザヤ66:10)にある「喜べ」のラテン語が「レターレ(Laetare)」です。

ウィルズデン(ロンドン)の英国国教会の主教と牧師(写真:Timothy Titus)

Share

Related Posts

  1. 【今日は何の日】1847年11月8日 ブラム・ストーカーの誕生日

  2. 【今日は何の日】1564年9月13日 エル・エスコリアル修道院竣工

  3. 【Road to えきゅぷろ2022】 シリーズ「セクシャリティ×教会×コロナ」開催に向けて(2)真ん中に立ちなさい

  4. 5月6日は立夏

  5. 【毎日連載・最終回】思い出の杉谷牧師(18)下田ひとみ

  6. 2020年10月9日「良心に従って神の前で」

  7. 2020年11月24日「この病気は死で終わるのではない」

  8. 【今日は何の日】7月20日 ハンバーガーの日

  9. 神さまが共におられる神秘(67)稲川圭三

  10. 【今日は何の日】1931年11月3日 宮沢賢治が手帳に「雨ニモ負ケズ」を記した日

  11. 4月19日「互いに思いを一つにし」

  12. 【宗教リテラシー向上委員会】 コロナ禍での拠り所 與賀田光嗣 2020年8月11日

  13. 5月2日は八十八夜

  14. 8月25日は細川ガラシャの帰天日

  15. 【今日は何の日】1899年8月13日 アルフレッド・ヒッチコック誕生日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。