今日は何の日?

3月31日はバラの主日

 

今日3月31日はバラの主日。四旬節(受難節)第4主日は、カトリック教会などでは、司祭がミサの時に首からかけるストラ(他教派ではストール)や祭服が、喜びを表すバラ色になります。四旬節の典礼色は悔い改めを表す紫が使われますが、バラ色は待降節第3主日と四旬節第4主日の年2回だけ使うことが許されています。「レターレ・サンデー」とも言われ、「エルサレムと共に喜び祝い、彼女のゆえに喜び躍れ、彼女を愛するすべての人よ。彼女と共に喜び楽しめ、彼女のために喪に服していたすべての人よ」(イザヤ66:10)にある「喜べ」のラテン語が「レターレ(Laetare)」です。

ウィルズデン(ロンドン)の英国国教会の主教と牧師(写真:Timothy Titus)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

サポーター募集中!
メルマガ(無料)登録 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-今日は何の日?
-

サポーター情報


個人情報取扱いについて

※スクロール式個人情報取扱いについての文面
このテキストボックスは、高さが200px以上になるとスクロールバーがつきます。












































(最下行)

個人情報取扱いについてご同意いただく必要があります。



Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.