【クリスチャンな日々】第8回 「いつも」が無理なら「2秒」から MARO 

 

主の御名をあがめます。

皆様、ごきげんいかがでしょうか。MAROです。少しずつ陽(ひ)が長くなってきたのを実感する今日この頃、あと1カ月もすれば桜が咲くのだと思うと、何やら今から嬉しくなりますね。今日もまたお相手させていただきます。よろしくお願いします。

さて、今回はいきなり聖書の引用から始めます。「クリスチャンな日々」なんだから、たまにはこんなふうに「クリスチャンらしく」始めたっていいじゃないか !! ……って、別にだれも文句は言っていないですよね。すみません。

いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべてのことにおいて感謝しなさい。
(1テサロニケ5:16〜18、新改訳)

これは、「神様が人間に対して望んでいること」として聖書に書いてある言葉です。パッと読むと、「うん、そうだよな、素晴らしいな」と思うのですけれど、しかし何回も繰り返し読んでいるうちに、「これって実はものすごく難しいことじゃないか」って思わされもします。

だって、「いつも」喜んで、「絶えず」祈って、「すべてのことに」感謝しろと書いてあるんですよ。僕が「いつも」「絶えず」できていることと言ったら、息をすることと心臓を動かすことくらいのものです。ほかのどんなことも「いつも」「絶えず」なんてできません。

まして「喜ぶ」なんて。

喜ぶことは、確かに間違いなく良いことで、それこそ喜ばしいことですけれど、実は意外と難しいことでもあります。このコラムを読んでくださっている皆さん、今日何か喜びましたか。昨日は喜びましたか。最近喜んだのはいつですか。

こうやって改めて思い返してみますと、自分が意外と喜んでいないということに気づきませんか。難しいんです、喜ぶのって。たぶん悲しむほうが簡単です。悲しみは向こうから勝手にやって来ますから。喜ぶことって基本的には、自分で能動的に見つけたり意識したりしないと、できないんです(もちろん時には「喜びが勝手にあふれてくる」ようなこともあるでしょうけどもね)。きれいな花が咲いていても、それに気づかずに通り過ぎてしまえば喜べませんし、おいしいものを食べても、それを当たり前と思っていたら喜べません。喜ぶには「意志」と「発見」が必要なんです。

実は僕は生来、喜ぶことがあまり上手ではありません。ついつい「できなかったこと」とか「良くなかったこと」にばかり気を取られてしまって、放っておくと一度も喜ばない日が当たり前だったりもします。そんな自分に気づくたびに、冒頭の聖書の言葉を思い出して、「いかんな。いつも喜んでいよう」と思うのですが、「いやいや、しかし、いつもなんて無理……」と気が遠くなってしまったりします。

そこで僕は考えました。「いつも」は無理だとしても、毎日どのくらいなら喜んでいられるかしら。それで、「1時間? ……無理 !! 30分? ……まだキツい! 5分? ……いけるかもしれないけど、毎日は厳しい……」と、少しずつハードルを下げていき、最終的に行き着いた結論は「2秒 !! 1日2秒ならたぶんいける !!」でした。

いくらなんでもハードル下げすぎだろ !! とも思ったのですが、「2秒から始めてみよう !!」と、前向きな気持ちにもなりました。しかしこの「1日2秒」でさえ、実際に始めてみると意外と難しいものです。そもそも、この「1日2秒」の目標自体を忘れたりしてしまいますからね。

そこで僕は手帳を買ってきて、毎日の「2秒の喜び」を書き留めてみることにしたんです。どんなに小さなことでもいいんです。たとえば最初に書いたのは、「この手帳を買ったこと」でしたし、ほかには「ランチの後のコーヒーがおいしかった」とか、「駅に向かう道の日差しが気持ちよかった」とか、「洗濯物の中から500円玉を見つけた」とか。

この「喜びメモ」を最初は1日に一つずつ書いていったのですが、次第に二つになる日が出てきたり、三つになる日が出てきたりと、だんだんメモが増えていきました。やがて、1日の終わりにその「喜びメモ」を書く時間自体が喜びの時間になりました。

そして、喜ぶと自(おの)ずと感謝が生まれますし、感謝すれば自ずと祈るようにもなります。冒頭の「喜べ、祈れ、感謝しろ」というのは、三つの戒めのように見えて、実は一つなんです。1日の終わりの「喜びメモ」の時間は、そこに自ずと祈りと感謝の時間も合わさるようになり、今では毎日15〜20分くらいにはなります。「1日2秒」から始めて、とりあえず「1日15分」までできるようになったわけです。僕にとっては飛躍的な進歩です。まだまだ「いつも」にはほど遠いですが、神様がさらに飛躍させてくださることを楽しみに、今日も少しずつ喜ぼうと思います。

喜びのコツは、大きなものではなくて、小さなものをたくさん集めることです。

皆様にもたくさんの幸せが見つかりますように。

それではまたいずれ。主にありて。MAROでした。

Share

Related Posts

  1. 2020年11月30日「わたしは光として世に来た」

  2. 「エッセイ」の語源を作った世界最初のエッセイスト 

  3. 児童福祉の現場から3 「助けて」と「ありがとう」を言える人

  4. 【今日は何の日】1549年7月27日 フランシスコ・ザビエル来日

  5. 6月17日はグノーの誕生日

  6. 4月12日はイースター、ガリレオ裁判が始まった日

  7. 【連載小説】月の都(49)下田ひとみ

  8. 2月8日はジェームス・ディーンの誕生日

  9. 【夕暮れに、なお光あり】 もっと教会のことばを 上林順一郎

  10. 【くめさゆりの DAY BY DAY】第1回 お義父さんの声の記憶 久米小百合

  11. 3月31日「神の愛が、心に注がれている」

  12. 現代のカレンダーを採用した人は日本とも縁が深いんです。

  13. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(105)稲川圭三

  14. 【今日は何の日】1862年9月1日 新渡戸稲造の誕生日

  15. 2020年10月9日「良心に従って神の前で」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。