【インタビュー】上馬キリスト教会のツイッターで人気、MAROさんの連載開始 幸せに楽しくなるキリスト教を伝えたい(後編)

前編を読む)

──上馬キリスト教会のツイッターを始めた結果、一般の人にも教会の楽しさを知らせることになりました。

イエスとブッダが安アパートで暮らすというマンガ『聖☆おにいさん』を多くの人が喜んで読んでいることを考えると、別にみんな、聖書やイエス・キリストに嫌な印象を持っているわけではないことが分かります。一般の人が嫌なのは、教会では難しい話をしていて、「あなたも信じましょう」と言われることなんですね。問題はアプローチの仕方で、そこを変えていく必要があるのではないでしょうか。

──上馬キリスト教会のツイッターも『世界一ゆるい聖書入門』も、日本のキリスト教界の殻(から)を破る起爆剤となったように思います。

講演会などに呼ばれてよく話すのは、日曜に教会に来てもらう時にライバルがあるということです。その最大のライバルはディズニーランドで、教会はディズニーランドと勝負をしなければいけない。ディズニーランドの楽しさに勝てることを教会は考えていかなければいけない。それは救いであったり、永遠に続く心の安らぎであったり。それらを分かりやすく伝えなければいけない。それが今の教会にはできていないかなと感じます。

──ツイッターは、キリスト教を分かりやすく伝えるにはいいメディアですか。

ツイッターは何回も繰り返しやっていると親しみが増えてくるという法則があるじゃないですか。信頼度も上がってくるし。広く知らせるにはいちばんいいメディアだと思っています。

──直接、上馬キリスト教会を訪れる人も増えたそうですね。

ツイッターをやり始めて、倍くらいに増えました。別の教会に行かなくなった人がツイッターを読んで、「この教会なら」ということで転籍した人もいます。

──中には、MAROさんたちを目当てで来る人もいる?

どうでしょうか。僕らは教会に呼ぶまでが仕事ですから。教会に来てもらったら、「あとは牧師さん、お願いしますね」と。または、聖書を開いてもらうまでが僕らの仕事で、あとは神様にお任せです。教会に足を運び、聖書を開いたら、あとは神様が何とかしてくれますから。そこで「洗礼を受けませんか」なんて僕らが言う必要はないんです。ペトロだって、イエス様に「わたしについて来なさい」と直接言われて従った(マタイ4:18~20)。それは当然起こることです。

──ゆだねるということですね。でも、これが難しい。

「ゆだねるといいことがある」と捉えるのはちょっと違っていて、ゆだねてもダメなことがある。ゆだねた以上は、そのえらい目にあったことまで受け入れなければいけないんですね。でも、ハッピーエンドは保証されていますから。キリスト教は、最終的に幸せに楽しくなるための宗教なんです。

──ツイッターもそうですが、『世界一ゆるい聖書入門』でも、現実を見据えた上で、その先に神様の救いを落としどころに持ってくるのがいいんですよね。

イエス様のたとえ話は、当時の人なら誰でもピンと来ることばかりなんです。だから、今の時代にピンと来るイメージに置き換える必要があるかなと思います。「イエス様がここにいらしたら、どうたとえるかな」とか考えるんです。

──『世界一ゆるい聖書入門』を出したことでの手応えはありましたか。

ありますね。ツイッターをやっていない人もたくさんいますから。22日には第2弾『世界一ゆるい聖書教室』(講談社)も出ます。「2」としなかったのは、どちらを先に読んでもいいようにしたかったからです。

──本紙でも連載が始まりますが、その長所はどういうところにありますか。

ツイッターよりもいろいろなことを詰め込める点です。ターゲットも絞れますよね。やはり一般の人を巻き込んでいきたいので、ノンクリスチャンを念頭に置いているのですが、クリスチャンにも「こういうところない?」という感じで読んでもらえたらなと思います。

──最後に好きな聖書の言葉を教えてください。

その時その時に与えられた御言葉に支えられているので、選ぶことはできないですね。聖書の言葉でないけれど座右の銘にしているのは、「一生懸命やって、祈れ。そうしたら、万事なるべきようになる」です。バークリーのベースの師匠がクリスチャンで、帰国する時に言われた言葉です。「万事思いどおりになる」とは言わないで、「なるべきようになる」です。「一生懸命やるだけでもダメだし、祈るだけでもダメだよ」と教えてもらいました。

奇跡を起こすことのできる神様だけれど、「若い人が来ますように」とただ教会に座って祈っているだけでは来ません。旧約でも、神様から「こうしなさい」と言われて、それを実行するのは人間の側にゆだねられています。「祈ればいい」とついなりがちですが、聖書で祈るだけの人はいません。祈って実行して、また祈っています。モーセだって紅海を割ったとき、杖(つえ)を上げました。神様が「杖を高く上げなさい」と言われたから、それに従ったんです(出エジプト14章)。言われたことに従えば、そのあとは神様が事を起こしてくださいます。

前編はこちら

【新連載】クリスチャンな日々(1)MARO

Share

Related Posts

  1. 【インタビュー】日本福音ルーテル東京教会牧師・関野和寛さん あがいている姿を通してキリストを伝えたい(後編)

  2. 【インタビュー】映画「教誨師」 監督・佐向大さん(後編)

  3. 【「AMOR」との共同インタビュー】イエズス会日本管区長補佐・山岡三治神父 イエズス会を語る(後編)

  4. 【インタビュー】ソプラノ歌手・ありめせつこさん(前編)「ザ・ブレッシング日本」に参加、賛美によって力を分かち合えた

  5. 【インタビュー】日本CBMC理事長・青木仁志さん 人間力ある牧師やリーダーを育てることが日本宣教の秘訣(前編)

  6. 【インタビュー】青山学院院長の山本与志春さん 「地の塩、世の光」となるサーバント・リーダー育成を目指す(前編)

  7. 【インタビュー】キリスト教学校教育同盟新理事長 西原廉太氏(後編)

  8. 【インタビュー】テコンドーのメダリストで牧師の岡本依子さん(後編)

  9. 【インタビュー】制服姿は信頼の証し 救世軍司令官ケネス・メイナーさんに聞く(後編)

  10. 【インタビュー】落語で福音の種をまきたい ゴスペル亭パウロさん夫妻(前編)

  11. 夫が賜物を用いる勇気を与えてくれた【インタビュー】大嶋裕香さん(3)

  12. 東京神学大学の大住雄一学長について山畑譲氏に聞く

  13. ドキュメンタリー映画「牧師といのちの崖」の加瀬澤充監督、煙草谷有希子プロデューサーに単独インタビュー

  14. 【インタビュー】日本基督教団総会議長・石橋秀雄さん(4)「牧師になって本当によかった。生きていて楽しい」

  15. 【インタビュー】作家・下田ひとみさん 小説の作り手として、万物の造り手である神様のことを思いながら(後編)

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。