【MAROの教団・団体訪問記】新生宣教団──その1:マンガ・プロジェクト

 

主の御名をあがめます。

昨年の秋頃からこのクリスチャンプレスの企画会議で、クリスチャンのいろいろな教団や団体にお邪魔して、その「リーダー」の皆さんにお話を聞いてみよう、という話が持ち上がり、その「レポーター」として記事を書かせていただくことになりました MARO です。このような楽しく、かつ学びの多い企画に関わらせていただくことになったこと、クリスチャンプレスの皆様と神様の導きに感謝いたします。

1月からNHKの新しい大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」が始まりましたが、登場人物が非常にカラフルに描かれていることが話題になっています。「戦国時代にこんな色の布はなかったはずだ」という声もあれば、「カラフルであることで人物のキャラクターが分かりやすい」という声もあります。いわゆる「賛否両論」ということになっているようですが、僕個人としてはこの「カラフル大河」というコンセプト、とても好きですし、これからどんなドラマになっていくのか、楽しみです。

さて、大河と言えば「壮大な歴史」ですけれど、この意味においては、古今東西どこを探しても聖書に比肩するものは他にないのではないかと思います。そしてこの「史上最大の大河」は、「麒麟がくる」に15年も先駆けて実はすでに「カラフル大河」になっているんです。それが、今回お邪魔した新生宣教団さんが手がける「マンガ聖書」です。

ありがたいことに、この団体の「リーダー」岩岡稔員(いわおか・としかず)総主事にお話を聞けましたから、皆様にご報告しますね。

岩岡稔員総主事

「マンガだからこそ、読んでくれる人たちがいる」、「マンガだからこそ、分かる情景がある」。そんなマンガの力を宣教に使わない手はありませんし、そんなマンガの力の発信地として、日本ほどふさわしい場所はありません。

たしかに考古学的に考えれば、聖書の時代の人々がカラフルな衣装を着ていたとは考えられませんし、髪の色だって当時のイスラエルではほとんどの人が黒か茶色だったはずで、金髪の人はあまりいなかったでしょう。まして、青や緑の髪の人なんていません。

しかし、そんな指摘をするのは野暮(やぼ)というもの。マンガというメディアは、そんな「現実」をはるかに超越して、読む人にダイレクトに「イメージ」を提供するものですから、それでいいんです。それがいいんです。

「リアル」であることと「心に響く」ことは時として異なります。人って、カラフルなものが好きなんです。色彩のイメージは、人の心にダイレクトに響きます。

あらゆる生物の中で「色」を最もよく識別するのは人間なんだそうです。ですから「色」は、神様が人間に与えてくださった重要な賜物(たまもの)なんだとも言えます。その賜物に十二分に働きかけて聖書を伝えるというのは、とても大切なことだと思います。数年前の大河ドラマ「平清盛(たいらのきよもり)」は考古学的な時代考証に基づき、できるだけ現実に近い色合いを使ったところ、「映像が美しくない」と、あまり人気を得ることができなかったそうですし。

マンガ「聖書」全5巻

新生宣教団さんでは2006年、福音書部分にあたる「メサイア」を刊行し、その後、イエス・キリストの十字架と復活以降の使徒たちを描いた「メタモルフォシス」、創世記から出エジプト記の「ミューティニー」、出エジプトからダビデ・ソロモンの頃までを描いた「メレック」、預言者たちの言行をまとめた「メッセンジャーズ」と、聖書のほぼすべてのストーリーを全5巻のカラフルなマンガにまとめ、さらにダイジェスト化したマンガ小冊子「ザ・メサイア」や「マンガ・メインジャー」、「マンガ・スタディーガイド」なども制作されています。

これらのマンガ・シリーズは、日本語のみならず40近い言語(※1)に翻訳され、世界中のミッション・パートナーと多くの支援者の協力によって、教会学校はもちろん、内戦や貧困などにより学校に行けない子どもたちの道徳教育や宣教のために世界中で用いられているそうです。

これまでにキューバとプエルトリコに4万冊、タンザニアには5万冊、ウガンダでは140万冊、タイではなんと230万冊も配布されているそうです(※2)。このほか、ヨルダン、レバノン、トルコ、フィリピン、ベトナムなどでもマンガは配布され、英語圏の国々や、マンガが人気のフランス、オランダ、スペインなどでも親しまれています。

新生宣教団さんでは、現在ヒンディ語のマンガ・メサイア55万冊をインドに送り届けるプロジェクトを行っており、このプロジェクトへのご寄付を募っています。ヒンディ語の「マンガ・メサイア」「マンガ聖書」を1冊作るのにかかる費用は約250円。ですから、毎月3000円の寄付をいただければ、年に144冊のマンガを届けることができます。

この「マンガ」というメディアにおいて世界の最先端を突っ走るのが日本です。このプロジェクトは、日本にしかできない、日本にこそふさわしい宣教活動なんだといえます。世界で最もクリスチャン比率の低い国といわれる日本ですが、神様が「マンガ」という日本の文化を用いて働いてくださるのはとても嬉しいことです。

今回、新生宣教団さんの印刷所も見学させていただきましたが、入り口を入ってすぐに巨大な印刷機がぐるぐる回って、この鮮やかな「マンガ聖書」が次々に印刷されていました。そこは日本最大のミッション系印刷所といえる場所でした。実はこの印刷所が刷っているのは「マンガ聖書」だけではありません。そこにはもう一つ、大きなミッションがあるんです。が、それは次回にお話しすることにして、今日の報告はここまで。

それではまたいずれ。

主にありて。MARO でした。

(※1)2020年3月現在。

(※2)すべてマンガ小冊子を含む概数です。

Share

Related Posts

  1. 【インタビュー】クリスチャン精神科医の石丸昌彦さん 教会は、主の食卓のまわりに神の家族を作る場所(3)

  2. 立教大学経営学部 オンライン授業に関する学生意識調査の結果を公開

  3. 【インタビュー】テコンドーのメダリストで牧師の岡本依子さん(後編)

  4. 関西学院大のクリスマス点灯式 キャンパスはアドベントの光に包まれて

  5. 北海道から九州まで日本バプテスト連盟の所属教会 新型ウイルスの影響で礼拝を中止するところも

  6. キリスト教主義大学(プロテスタント)対面授業を拡大 21年度、安全な環境で再びキャンパスへ

  7. 「聖書協会共同訳」の変更・訂正箇所を発表

  8. オンライン礼拝の留意点と可能性 ーYouTubeで解説

  9. 塀の中からハレルヤ!(3) 弁護士として…信仰者として犯罪者と向き合う

  10. 2019年夏の甲子園大会 キリスト教学校は聖光学院、海星、八戸学院光星が出場

  11. 【もっと知りたいキリスト教】第1回 キリスト教ってどんな宗教?

  12. コロナ禍で急増する「産後うつ」。辛いと感じたらすぐに助けを求めて

  13. 【インタビュー】金城学院大学学長・小室尚子さん(3)無意識に男性に依存しない意識を育てる

  14. カトリック福岡教区、「緊急事態宣言」解除を受けて6月1日から公開ミサを再開

  15. 本田路津子さん、デビュー50周年 「わたしの目には、あなたは高価で尊い」の御言葉に支えられて

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。