クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】バプテストとカトリックが協力、フロリダ州で1000組以上の夫婦が関係回復

 

2017年、フロリダ州で前例のないことが起こった。同州最大の都市ジャクソンビル市(全米でも11位の人口)の南部バプテスト連盟の教会とカトリック教会の共催で、夫婦関係を豊かにする大がかりな教育プログラムがデュバル郡(1968年の合併でデュバル郡のほとんどがジャクソンビル市に編入された)で行われたのだ。

地元のカトリック教会と福音派教会をつなげたのは、夫婦関係を強めようという民間キャンペーンだ。「自由な文化の主導権」(COFI)という団体が、およそ50のプロテスタント教会とカトリック教会、そして40以上の地元の非営利団体と3年間協力したキャンペーンに、ジャクソンビル市在住の成人5万人が参加した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In 2017, something unprecedented took place in Jacksonville, Florida. The Jacksonville Baptist Association and local Catholic Diocese joined forces to co-sponsor a large marriage education and enrichment program for the Duval County area. What inspired local Catholics and evangelicals to come together was a privately funded community campaign to strengthen marriage. Over a three-year period, an organization called the Culture of Freedom Initiative (COFI) worked with about 50 Protestant and Catholic churches and over 40 local nonprofits to reach roughly 50,000 adults in Jacksonville.

トミー&サンドラ・デイビス夫妻は、このキャンペーンの結果、沈没しかけていた夫婦関係が救われたカップルの一組だ。COFIと協力関係にある非営利団体の「リブ・ザ・ライフ」から派遣されたカウンセラーが、「希望の週末」という夫婦関係を豊かにするためのイベントに参加するよう勧めた時には、「この夫婦関係から99%出かかっていました」とトミーは言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Tommy and Sondra Davis are one of the Jacksonville couples whose floundering marriage was saved as a result of the campaign. Tommy says he was “99 percent out of his marriage” when a counselor with Live the Life, COFI’s main nonprofit partner, convinced him and his wife to attend an intensive marriage enrichment event called Hope Weekend.

「その『希望の週末』は私たちの夫婦関係を救っただけでなく、私たちの生活を変えたんです」とサンドラ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“That Hope Weekend didn’t just save our marriage,” Sondra says. “It changed our lives.”

エドモンド・レイトン「結婚の署名」

慈善の円卓」という団体によって支援されている家族研究所(IFS)の新しい調査によれば、確かに夫婦関係キャンペーンは、ジャクソンビル市在住の何千もの夫婦関係に同じような影響を与えたようだ。2016~18年のキャンペーンが行われていた間、デュバル郡の離婚率は20%以上も下がっており、これは米国全体を見ても突出した下げ幅となっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Indeed, according to a new report conducted by the Institute for Family Studies (IFS) and sponsored by the Philanthropy Roundtable, the marriage campaign may have had a similar impact on the marriages of thousands of Jacksonville residents. From 2016 to 2018, as the campaign was underway, the divorce rate in Duval County fell by more than 20 percent, a significantly bigger divorce decline than the one witnessed across the United States as a whole.

COFIの夫婦関係キャンペーンは、本当にジャクソンビル市の離婚率を下げたのか。それに答えるために、IFSは同時期のデュバル郡(その大部分はジャクソンビル市にある)の離婚率と米国全体の離婚率を比較した。また、デュバル郡の離婚率と、フロリダ州や米国内のほかの同じような都市の離婚率、ジャクソンビル市のように大きな米軍基地のある都市の離婚率を比較した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Did the Culture of Freedom Initiative’s marriage campaign help drive down Jacksonville’s divorce rates? To answer that question, IFS conducted a series of statistical tests comparing Duval County’s divorce rate (since Jacksonville comprises most of the county) to the national divorce rate during the same time period. They also compared Duval’s rate to other similar counties across Florida and the US, including cities with large military bases like Jacksonville’s.

すると、IFSの報告から3つの発見があった。

まず、デュバル郡の離婚率は2015~17年の間に27%下がり、同時期の米国全体での下げ率6%より突出している。フロリダ州の10%と比べれば2倍だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
First, Duval’s rate fell 27 percent between 2015 and 2017, significantly more than the divorce rate decline in the United States during that same time period (which was 6 percent) and double that of the 10 percent decline in Florida.

次に、デュバル郡の離婚率の減少は、下図のように、フロリダ州内で人口が80万以上という同じような都市と比べても大きかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Second, Duval County’s divorce rate decline was also larger than the decline in similar counties in Florida with over 800,000 residents, as shown in the figure below.

最後に、教育、人種、収入といった社会人口統計学的な要素を加味した上で、米国内のほかの似たような郡と比べて、「デュバル郡では離婚率がおよそ21%下がった」とIFSは報告している。下の図は、入手可能なデータを用いて、米国内のほとんどの郡とデュバル郡を比べ、離婚率が下がったことを示している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Finally, after controlling for sociodemographic factors like education, race, and income, IFS found that “divorce fell about 21 percent more in Duval County” than in comparable counties across the United States. The figure below illustrates the way in which divorce fell more in Duval County than it did in the vast majority of large counties with available data.

「夫婦関係キャンペーンがジャクソンビル市の離婚率低下の引き金になったと、学者たちがはっきり結論づけているわけではない」と、IFSの報告は慎重に述べている。しかし、「『自由な文化の主導権』(COFI)の活動した期間に、ジャクソンビル市在住の家族の安定性が、米国内のほかの大都市の大部分に比べてより高まった」という事実には驚いていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Although the IFS report is careful to note that scholars cannot definitively conclude that the marriage campaign caused the divorce decline in Jacksonville, the report’s authors were struck by the fact that “the increase in family stability in Jacksonville during the years of the Culture of Freedom Initiative was larger than the increase in family stability witnessed in the vast majority of other large, comparable counties across the United States.”

では、ジャクソンビル市で何が起こったのか。

2016~18年の毎年、夫婦関係キャンペーンは同地区の1万1000人以上の大人に働きかけた。「自由な文化の主導権」(COFI)が本当に離婚率低下のカギを握っていたと考えられるのは、「個人情報を詳細に分析するデジタル・マーケティングと、夫婦関係を深めることに特化した広範囲の宗教団体ネットワークとの組み合わせ」が夫婦関係の安定を促進する要因になったとIFSの報告に書かれているからだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Between 2016 and 2018, the marriage campaign served more than 11,000 adults in the area per year. If indeed the Culture of Freedom Initiative was a key driver in the divorce decline, the IFS report credits a “combination of microtargeted digital marketing with a broad network of religious congregations committed to strengthening marriage” as key potential factors in fostering marital stability.

キャンペーンを主導したJPデガンスによると、ジャクソンビル市の成功の裏にある大きな要因は、インターネットでメッセージを使ったことだという。COFIと協力団体は、3年間のキャンペーンで2800万ものネット広告を用いて「夫婦は大切」というメッセージと、プログラムやサービスに目を向けさせた。また広告には、看板、キリスト教系や一般のラジオ放送のコマーシャル、キャンペーン専用のホームページを用いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
According to JP De Gance, who directed the marriage campaign, one of the main factors behind the success in Jacksonville was the use of digital messaging. During the three-year campaign, COFI and its partners sponsored over 28 million digital ads that communicated the “marriage matters” message and also pointed to its services and programs. The ads included billboards, secular and religious radio spots, and a dedicated website for the campaign.

「リブ・ザ・ライフ」会長のデニス・ストイカはIFSの報告書で次のように説明している。「『たとえ二人の関係がどんなステージにあっても、人は夫婦関係に向き合うべきだ』という考えを『普通』にしたかったのです。だから私たちはカップルに対して、『夫婦関係を豊かにするプログラムに参加するのに早すぎることも遅すぎることもない』と言い続けたのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We wanted to ‘normalize’ the idea that people should invest in their marriage at any and every stage of their relationship,” Dennis Stoica, chairman of Live the Life, explains in the IFS report. “So, we continually told couples that it’s never too early and never too late to take part in a marriage enrichment program.”

メッセージを送ることがカギとなったのは確かだが、ジャクソンビル市の夫婦関係キャンペーンが成功したのは地元の教会を巻き込んだからで、ストイカとデガンスはその活用に成功したのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
While messaging was certainly key, the success of the Jacksonville marriage campaign ultimately depended on the involvement of the local religious community, something Stoica and De Gance successfully harnessed.

ストイカは以前、「カリフォルニア州夫婦イニシアティブ」という、公的資金で行われた団体を指揮した際、夫婦関係を強めるプログラムに参加したクリスチャンのグループが、教会と国家との関わりを懸念するあまり、霊的基盤が本質的に「去勢」されてしまうのを見た。今回、民間の基金で行われるCOFIキャンペーンを通して彼が願ったのは、ジャクソンビル市の教会が政府との関係から自由になり、独立した立場にある教会が健全な夫婦関係をサポートできるようになることだ。その働きとは、夫婦関係の可能性とあり方についての素晴らしいビジョンを与え、プログラムや関係を通して二人をサポートし、健全な夫婦関係のスキルを教え、励ますというものだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Stoica formerly directed the publicly-funded California Marriage Initiative, where he watched faith-based groups involved in marriage strengthening programs essentially be “neutered” of their spiritual foundation due to church-state concerns. His hope was that through the privately-funded COFI campaign, Jacksonville churches would be free from government strings to do what he believes religious communities are “uniquely positioned” to do when it comes to supporting healthy marriages: provide couples with a beautiful vision about what marriage can and should be; support couples through programs and relationships; and teach and encourage healthy marriage skills.

デガンスによれば、それこそジャクソンビル市で起こったことだという。「教会がジャクソンビル市のヒーローなんです。そして、デュバル郡で大きな役割を果たしたのが南部バプテスト連盟とカトリックでした」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
According to De Gance, that is exactly what happened in Jacksonville. “Churches were the heroes of Jacksonville,” he says, adding that “the two biggest players in the religious marketplace in Duval County were the Southern Baptist Convention and the Catholic Diocese.”

夫婦関係を豊かにするキャンペーンの45%は「リブ・ザ・ライフ」とCOFIが共催したが、ほかのイベントは地元教会や地域の非営利団体が開いた。事実、夫婦関係プログラムに参加した5人のうち4人が地域教会に何らかのかたちでつながりがあり、10人中1人が教会員だった。残りは、教会や教会員とそれまで何の関係もなかったが、誰もがネットを含めたキャンペーン広告でプログラムを知ったという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
While Live the Life worked with COFI to sponsor 45 percent of the campaign’s marriage enrichment activities, the other events were sponsored by area churches and other local nonprofits. In fact, 4 in 5 of marriage program participants were connected in some way to an area church while 1 in 10 were invited by a church member. The remainder had no prior connection to a church or its members but typically heard about one of the programs through the campaign’s advertisements, including the website.

キャンペーンを通して地元教会は、夫婦関係を豊かにするプログラムやその教育を幅広く提供した。デイブ・ラムジーのファイナンシャル・ピース・ユニバーシティー講座、上品なコメディアンによる「夜デート」イベント、数週間にわたる夫婦関係の教育クラス、夫婦向けの週末集中講座旅行、また「リブ・ザ・ライフ」では「結婚の冒険」プログラム、デニス・レイニーの「忘れがたい週末」も。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Throughout the campaign, local churches offered a wide range of marriage education and enrichment programs, including Dave Ramsey’s Financial Peace University, “date nights” that featured clean comedians, multi-week marriage education classes, and intensive weekend get-a-ways for couples, like Live the Life’s “Adventures in Marriage” program, as well as Dennis Rainey’s “Weekend to Remember.”

IFSの報告によると、

教会の周りにはさまざまな関係性があり、教会には力があることを、ジャクソンビル・イニシアティブのリーダーたちは理解していた。そのような関係性を通して、またその関係性の中で、人が、夫婦が変えられていったのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The leaders of the Jacksonville initiative … had the wisdom to understand that the power of local religious communities lies in the vertical and horizontal relationships that are built around them. It is in and through these relationships that lives—and marriages—are transformed.

ジャクソンビル市では、教会や「リブ・ザ・ライフ」のような非営利団体の活動によって、人も夫婦もまだまだ変えられ続けている。今年、ミゲルとケイトリン夫婦はジャクソンビル市の「リブ・ザ・ライフ」に助けを求めた。夫婦関係のコーチング・プログラムがあるとラジオで聞いたからだ。二人はその後、週末集中講座「結婚の冒険」にも出席した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Lives and marriages are continuing to be transformed in Jacksonville, thanks to the ongoing efforts of churches and nonprofit groups like Live the Life. In 2019, married couple Miguel and Caytlyn sought help from Life the Life, Jacksonville after hearing on the radio about one of the nonprofit’s marriage coaching programs. They later attended the organization’s intensive “Adventures in Marriage” weekend.

このプログラムには、二人の夫婦関係を変える衝撃があった。未来への新たな希望が与えられたのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The program had a transformative impact on their marriage, giving them fresh hope for the future.

「いま夫婦関係がこじれたり、込み入ってきたりすると、どちらかがこう言うんです。『DTR(毎日の人間関係チェック)をしたいんだけど、どう?』って。どんなに感情的になったり、ストレスがたまったりしても、お互いに『感謝している』と言い、思っていることを打ち明け、謝り、祈りの課題を聞き、未来の希望を伝える機会があることがとても安心するんです。私たちはいつも手をつないでいます」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Now, when things get tense or complicated, one of us says the words ‘I would like to do take a DTR [daily temperature reading], how about you?’” says Miguel. “And no matter the tension or the frustrations we might be having, we are always relieved to have that moment to express our appreciations to each other, followed by sharing, apologies, prayer requests, and our hopes for the future. And always holding hands!”

ジャクソンビル市で続けられている働きに加え、デガンスが率いる「コミュニオ」というグループが、ジャクソンビル市をモデルにして、モンタナ州やテキサス州で夫婦関係イニシアティブの新たな活動を始めた。これらの新たな開拓地でジャクソンビル市のモデル・ケースと同じ結果が得られるのであれば、モンタナ州やテキサス州、さらにほかの地で、もっと多くの教会や非営利団体が夫婦関係を強める力となるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In addition to the continuing work in Jacksonville, a new group called Communio, which is headed by DeGance, is taking the Jacksonville model and pioneering new marriage initiatives in states like Montana and Texas. If they are able to replicate the Jacksonville model in these new locations, they just might empower more churches and nonprofits to strengthen marriage in Big Sky Country, the Lone Star State, and far beyond.

執筆者のW・ブラッドフォード・ウィルコックスは、バージニア州立大学で国立夫婦プロジェクトを監督。家族研究所の主任フェロー、アメリカン・エンタープライズ研究所主任フェロー。アリッサ・エルヘイジはフリーライターで、「ファミリー・スタディーズ」のライター兼編集者。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
W. Bradford Wilcox is the director of the National Marriage Project at the University of Virginia, a senior fellow at the Institute for Family Studies, and a senior fellow at the American Enterprise Institute. Alysse ElHage is a freelance writer and the editor of the Institute for Family Studies blog.

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/ct/2019/october-web-only/marriage-how-baptists-catholics-helped-florida-couples.html

Print Friendly, PDF & Email
よかったらシェア
神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.