【速報】オウム真理教 松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚らに死刑執行

 

オウム真理教の元代表の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)に6日午前、死刑が執行された。教団が起こした一連の事件では13人の死刑が確定していたが、執行されたのは初めて。同日、早川紀代秀(68)、井上嘉浩(48)、新実智光(54)、土谷正実(53)、中川智正(55)、遠藤誠一(58)の6人も執行された。

松本死刑囚は、坂本弁護士一家殺害事件(1989年)や松本サリン事件(94年)、地下鉄サリン事件(95年)などを起こし、95年5月、逮捕された。一連の事件で、29人が死亡、およそ6500人が被害に遭った。

住民によるオウム真理教追放運動(写真:Abasaa)

2004年、1審の東京地方裁判所は、起訴された全13事件で有罪とし、死刑を言い渡した。控訴審は一度も開かれないまま控訴棄却が決定され、最高裁は06年に弁護側の特別抗告を棄却し、死刑が確定した。

齋藤篤氏(日本基督教団・深沢教会牧師、日本脱カルト協会会員)に話を聞いた。

――近代日本で初めてカルト犯罪で死刑執行がされました。カルトと死刑、どうお考えですか。

「殉教者」が神格化され、英雄視されるというのは長い歴史が証明しています。松本智津夫が死刑になったことで、オウム信者にしてみれば、彼は「殉教者」となるのです。オウム真理教から「アレフ」という新しい団体が作られましたが、彼らの行動が危険視される中で、今回の執行は決して抑止力にはならないと私は思います。むしろ、彼らの勢力を助長する原動力にすらなるのではと危惧しています。

――今回、松本死刑囚を含む複数名の死刑が執行されました。死刑に関しては何か思うことは。

一人の信仰者という立場から言わせていただくなら、「死んで詫(わ)びるより、生きて『十字架』を背負ってほしい」ということです。死をもって罪を償っても、何も変わらない。もちろん、被害者に寄り添うという意味では、別の思いもありますが、イエスの贖いを知る者として、死刑には反対です。

Share

Related Posts

None found

  1. 「アメリカにおける日系人強制収容と日系二世──『小平尚道資料』が語るもの」展

  2. 「国際女性デー」に世界教会協議会は礼拝、アジア・キリスト教協議会は声明

  3. バチカンの性的虐待対策会議 教皇が「総力戦」を訴え、閉会

  4. 7月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「あさのことば」

  5. JOCSが初のオンライン活動報告会 開催できる教会を募集 2020年8月10日

  6. 8月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「こころの時代」「宗教の時間」

  7. 聖セシリア女子短大、募集停止へ 幼稚園教諭や保育士養成に尽力

  8. 負傷したパレスチナ人を救うために 「アハリー・アラブ病院を支援する会」

  9. 【インタビュー】泉バプテスト教会付属いづみ幼稚園園長 城倉啓さん(後編)

  10. 各地で「信教の自由を守る日」 コロナ禍での新たな課題 オンラインも駆使

  11. 愛知県豊田市の教会でクラスター発生 イースター礼拝が原因か

  12. 【インタビュー】「パン・アキモト」の秋元義彦社長 阪神大震災をきっかけに生まれた「パンの缶詰」(前編)

  13. 浜矩子さんと福嶋揚さんとの対談「金と神──経済学と神学の対話」

  14. 9月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「喜びへの扉」「光の泉」

  15. ハンガーゼロがクリスマス募金 コロナ禍での食料不足などに対応 2020年12月25日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。