今日は何の日?

5月10日は最初の「母の日」礼拝があった日

 

今日5月10日、「母の日」礼拝が初めて行われました。1908年のことです。5月の第2日曜日が「母の日」となったのは1914年。第28代米大統領ウッドロー・ウィルソンにより米国の祝日として制定され、日本でもそれに倣(なら)って行われています。

アンドリュース・メソジスト監督教会(写真:Brian M. Powell )

アン・ジャービスはメソジスト教会の牧師の娘で、自分の子どもを何人も病気で亡くしたことから、母親と子どものための公衆衛生運動を自分の教会(アンドリュース・メソジスト監督教会)を中心に展開しました。1905年5月9日に亡くなると、娘のアンナが3年後の5月10日、自分の母親だけでなくすべての母親を称える記念の礼拝をこの教会で行いました。母親の働きを見ていた12歳の頃、日曜学校の最中に、誰かがいつか「母の日」を始めてくれるようにと祈ったことを思い出したのです。このとき、アンナが出席者全員に、母親が好きだった白いカーネーションを贈ったことから、白いカーネーションが母の日のシンボルとなりました。「その白さは、母親の愛の真実、純粋さ、そして幅広い慈善を象徴するものです。その香り、彼女の記憶、そして彼女の祈り。カーネーションは花びらを落とさず、枯れる時も胸に抱きしめるように、母親も子どもを胸に抱きしめ、母親の愛は決して死にません。この花を選んだとき、母のピンクがかった白いベッドを思い出しました」


1916年母の日の北太平洋鉄道のポストカード

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

サポーター募集中!
メルマガ(無料)登録 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-今日は何の日?
-

サポーター情報


個人情報取扱いについて

※スクロール式個人情報取扱いについての文面
このテキストボックスは、高さが200px以上になるとスクロールバーがつきます。












































(最下行)

個人情報取扱いについてご同意いただく必要があります。



Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.