5月19日はボクシングの日

 

今日5月19日はボクシングの日。1952年5月19日、世界フライ級タイトルマッチが行われ、挑戦者だった白井義男が判定勝ちで日本初のボクシングのチャンピオンになったことにちなみます。

(写真: Mohammad Hasanzadeh / Tasnimnews)

私は、やみくもに走ったりしないし、空を打つような拳闘もしません。むしろ、自分の体を打ち叩いて従わせます。他の人に宣教しておきながら、自分のほうが失格者とならないためです。(1コリント9:26~27)

「拳闘」は原語のギリシア語で「πυκτεύω」(プクテヨー)で、ボクシングをすること。「打ち叩いて」は「ὑπωπιάζω」(フポピアゾ)で、痣(あざ)ができるように打つこと。

モハメド・アリのボクシングは「蝶のように舞い、蜂のように刺す」と言われましたが、パウロも聖書の言葉が相手の心にストンと落ちるよう、キリストの弟子であると誰もが認めるような振る舞いに心を砕いていたんですね。「これがクリスチャン? 牧師?」という人が増えた昨今、耳の痛い言葉です。

ちなみに、12月26日もボクシング・デー。といっても、こちらはクリスマス・プレゼントの箱(ボックス)を開けるという意味です。貧しい人たちへの寄付を教会で募って、そのプレゼントを箱に詰めました。

Share
関連記事

Related Posts

None found

おすすめ