今日は何の日

【今日は何の日】1549年7月27日 フランシスコ・ザビエル来日

投稿日:2020年7月27日 更新日: -

連休が終わってしまいましたが、お休みだった方もお仕事だった方、いかがおすごしでしょうか。今日もクリスチャンプレスをご覧いただき、ありがとうございます。

◆1549年7月27日(天文18年7月3日) フランシスコ・ザビエル来日

日本に初めてキリスト教をもたらした、フランシスコ・ザビエルが乗った船が鹿児島沖にイカリを下ろして停泊しました。日本に上陸したのは8月15日ですが、停泊したこの日を「ザビエルの来た日」とすることが多いようです。

画像:イラストAC

日本に来たばかりの頃は、通訳に苦労したようで、「神」を通訳が「大日」と訳してしまったために、「大日如来を信奉する人」と勘違いされて仏教のお坊さんたちに歓迎されてしまったというトラブルもあったのだとか。それ以来、「大日」という訳語をやめて、ラテン語のまま「デウス」という語を用いるようになったそうです。

ザビエルは日本について「彼ら日本人は私の魂の喜びです」と言っています。この言葉が後のペリー来航の動機になったのだという説もあります。

「以後よく(1549)広まるキリスト教」と高校時代にこの年号を覚えたことを思い出しました。この言葉どおりにもっとよく広まってくれると嬉しいです。それではまた明日。

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-今日は何の日
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.