【今日は何の日】1980年7月31日 ハリー・ポッターの誕生日

梅雨が明けそうで明けない東京の空模様です。カラッとスカッと晴れた週末が恋しいです。そんな中、今日もクリスチャンプレスをご覧いただき、ありがとうございます。

◆1980年7月31日 ハリー・ポッターの誕生日

K.ローリング氏による、あまりにも有名なファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズの主人公、ハリー・ポッターの誕生日です。ずーっと少年であるようなイメージがありますけど、もう40歳なんですね。なんだかリアル・・・

さて、キリスト教界ではこの「ハリー・ポッター」シリーズをめぐって「これを子どもに読ませるべきか否か」という論争があります。聖書は魔術を禁じていますから、魔術を扱うヒーローが登場する物語は子どもに悪影響を与えるのではないか、という意見が様々なクリスチャンから提示されました。アメリカの一部の学校では図書館にこの小説を置かないなどの措置が取られたそうです。

画像:写真AC

一方で著者のローリング氏は自らが長老派のクリスチャンであると述べており、また、この小説の最後では「最後の敵は『死』である」「宝のあるところに心もある」といった聖書的な価値観がこの作品のテーマとして導かれています。「魔術」に重点を置かず、「全体としてのテーマ」に重点をおけばこの小説もクリスチャンの成長に役立つものである、という立場の方もたくさんいます。

いずれにせよ、小説も映画もシリーズが完結し、一時のような熱狂的なブームが過ぎ去った今ではこの論争も下火になってきてはいるようです。

僕は個人的には「ロード・オブ・ザ・リング」の方が好きです。そして、小説や映画は難しいことは抜きにして、純粋に楽しむタイプです。
それではまた明日。

Share

おすすめ