【今日は何の日】1911年8月22日 『モナ・リザ』盗難事件

主の御名をあがめます。

今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1911年8月22日 『モナ・リザ』盗難事件

1911年の今日、ルーブル美術館からかの有名な『モナ・リザ』が盗まれました。犯人はビンセンツォ・ペルージャという泥棒だったのですが、なかなか捕まらず、代わりに詩人アポリネールと、これまた有名なピカソが共犯として冤罪(えんざい)で逮捕され、一週間ほど投獄されてしまいました。アポリネールが犯人と疑われた理由の一つには、彼が「モナ・リザなんて燃やしてしまえ」とちょっと過激な発言をしたことがあった、というのがあるとかないとか。

画像:wikicommons

「燃やしてしまえ」といえば、イエス様の弟子で12使徒の一人である大ヤコブも、イエス様を歓迎しなかった村に腹を立てて「この村、焼いてしまえ」と暴言をはいてイエス様に怒られたことがありました。たとえ本気ではないとしても、暴言というのは身を滅ぼすもとになるものですから、気をつけなくてはいけませんね。

ちなみに真犯人のペルージャは、「自分が今、あの世界的名画を持っているのだ」ということを、誰かに話したくてたまらなくなり、知り合いの画商に連絡してしまったことがきっかけになって逮捕されたんだそうです。

さらにちなみに、2004年の同じ日に、ムンク美術館から有名な「叫び」が盗まれています。8月22日、なんだかいわくつきの日ですから、特に美術関係者の方は今日一日、気をつけてくださいね。

それではまた明日。
主にありて。

Share

Related Posts

None found