【今日は何の日】1937年9月11日 後楽園球場開場

主の御名をあがめます。

今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1937年9月11日 後楽園球場開場

後楽園球場は今の東京ドームの前身と言える球場で、1987年まで主に巨人軍のホームスタジアムとして親しまれてきました。日本のプロ野球が始まったのは1936年でしたが、当時はプロ野球より六大学野球の方が人気だったこともあり、神宮球場を使用することができず、東京で試合をする野球場の建設が望まれました。そこで作られたのが後楽園球場でした。

画像:wikicommons

後楽園球場はクリスチャンにとっては1967年と1980年にビリー・グラハム国際大会が行われた場所としても有名です。ビリー・グラハムは「今まで生きた誰よりも多く世界中の人に福音を語った」とも言われるアメリカの宣教師です。後楽園球場だけでなく日本武道館など全国各地で行われましたが、1967年は20万人、1980年には33万人の聴衆を集め、日本のキリスト教界で最大級のビッグイベントとなりました。この時にクリスチャンとなった人も4万人ほどいると言われています。

多くの男の子がハマる「戦隊もの」ですが、僕が小さい頃に夢中になったのは「大戦隊ゴーグルV」でした。そこに出てくる巨大マシンが、何と後楽園球場がモーセの海割りのようにパカーンと割れて、その地下からグイーーンと出てくるのが幼い僕にはたまらなくカッコ良くて、そんなわけでずっとこの球場は憧れの場所でした。結局、一度も行けないまま、東京ドームになってしまいましたけども。

それではまた明日。
主にありて。

Share

Related Posts