【今日は何の日】1564年9月13日 エル・エスコリアル修道院竣工

主の御名をあがめます。

今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1564年9月13日 エル・エスコリアル修道院竣工

エル・エスコリアル修道院はスペインのマドリッド郊外にある修道院であり、宮殿でもあり、博物館でもあり、そして図書館でもある複合施設です。エル・グレコをはじめとする、多くの著名な芸術家の作品が収蔵されており、もちろん建築自体にも大きな価値が認められ、ユネスコ世界遺産に認定されています。

画像:wikicommons

スペイン黄金時代の国王フェリペ2世によって、1557年のサン=カンタンの戦いに勝利したことを聖ロレンソに感謝するために建てられました。聖ロレンソは3世紀頃に生きた聖人で、貧しい人に多くの施しを行いました。その殉教のエピソードが少し強烈です。火あぶりの刑に処せられながら「こっちの面は焼けたから、そろそろひっくり返してくれ」と処刑人に言ったとか。その様子を見て、多くの人が「すごい!」と思い、改宗したとも言われています。大昔のことなので本当かウソかは分かりませんが。

それではまた明日。
主にありて。

Share

Related Posts