【今日は何の日】10月21日 あかりの日

今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆10月21日 あかりの日

1879年のこの日にエジソンが白熱電球を完成させたことから、1981年に制定されました。この時の白熱電球に使われたフィラメントには、京都産の竹が使われたのだそうです。

ところであかりと言えば、聖書では有名なことばがあります。

あなたがたは世の光です。山の上にある町は隠れることができません。また、明かりをともして升の下に置いたりはしません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいるすべての人を照らします。(マタイ5:14〜15)

あなたがたは世の光「になりなさい」ではなく「です」と言い切っているところが面白いなと思います。清い人や正しい人になろうとしなくても、今の状態ですでに「あなたがたは世の光です」と宣言しています。その上で「自分なんかまだまだ・・・」と引っ込み思案にならずに、積極的に世に出て自分の姿を見せなさい、と聖書は教えているんですね。

たとえ小さな光でも、あるとないとでは大違い。小さいから役に立たない、とか、もっと大きくなってから、とか思わずに、「光である」ことを信じたいと思います。

それではまた明日。
主にありて。

Share

Related Posts

おすすめ