【今日は何の日】1933年10月22日 リンゴ事件

主の御名をあがめます。

今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1933年10月22日 リンゴ事件

東京六大学野球の目玉カードである早慶(慶早)戦で起こった、日本野球史上に残る大乱闘事件です。当時はまだプロ野球も発足しておらず、野球の日本一を決めるのはこの試合だったので両軍、応援席も含めて非常に興奮していました。

審判の判定への抗議など、諸々あって8−7の早稲田リードで迎えた9回表、早稲田の応援席から慶應の三塁ベースコーチ水原に向かってリンゴの芯が投げ込まれ、その芯を水原は挑発的にスタンドに投げ返しました。これをきっかけに両軍はさらにエキサイトし、試合が9−8の慶應の逆転勝利で終わったと同時に早大応援団が慶大応援席になだれ込んで大乱闘となり、警察が出動するまでの事態になりました。

今でも六大学野球の早慶(慶早)戦では、応援席が早稲田は一塁側、慶應は三塁側と厳格に分けられていますが、これはこの事件の再発防止策として採用されたものです。

・・・聖書でも人間の罪のきっかけは禁断のリンゴ(諸説あり)でしたが、ここでもリンゴが大乱闘のきっかけになったのでした。両軍ベンチ入り乱れての大乱闘というのは今のプロ野球でもメジャーリーグでも時々目にしますが、観客まで入り乱れての大乱闘というのは凄まじいですよね。

それではまた明日。
主にありて。

Share

Related Posts

  1. 長谷川町子生誕100年 記念館7月にオープン 苦難の時代にこそ「日常」を 母譲りの信仰と意外な関係 2020年12月25日

  2. カトリック新潟教区、公開のミサ中止 新潟県で5人の新型コロナ・ウイルスの感染確認を受けて

  3. 聖書にまつわる疑問からクリスチャンのリアルな日常まで、みんな教えます!『キリスト教って、何なんだ?』(ダイヤモンド社)

  4. カトリック札幌教区 公開ミサの中止期間の延期を発表

  5. 熊本豪雨災害から3カ月 復興支援を共通項に新たなつながり 人吉ハリストス正教会 2020年10月21日

  6. 元青山学院大学学長の鵜沢昌和氏、召天

  7. カトリック横浜教区、主日のミサを一律に中止せず、それぞれの現場での判断にゆだねる

  8. 【インタビュー】テコンドーのメダリストで牧師の岡本依子さん(後編)

  9. 【特集】東京基督教大学学長・山口陽一さん 時代に適応しながら、変わらない聖書信仰を

  10. 【インタビュー】「必要とされていない」と挫折した後、「愛されている」と歌えるように ゴスペル・シンガーのTiAさんに聞く(後編)

  11. 聖公会が設立した学校などを紹介 立教学院展示館で日本聖公会関係学校展

  12. ルーテル学院大学の新学長に石居基夫氏が選任、ルーテル神学校校長の後任は立山忠浩氏に

  13. 「皇紀2603年」のクリスマスと戦時神学 『日本基督教神学読本』にみる人間の複雑さ 波勢邦生

  14. カトリック東京大司教区第8代大司教の岡田武夫名誉大司教が帰天、79歳

  15. 【クリスチャンビギナーズ】第7回 いまさら聞けない、キリスト教葬儀の基本

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。