【今日は何の日】1992年10月31日 教皇ヨハネ・パウロ2世がガリレオの破門を解いた日

主の御名をあがめます。

今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1992年10月31日 教皇ヨハネ・パウロ2世がガリレオの破門を解いた日

地動説を唱えたガリレオ・ガリレイは「教会の教えに背く」として長年にわたって破門、すなわち「この人はキリスト教徒として認めない」という状態にカトリック教会によっておかれていましたが、ガリレオの死後350年にあたる1992年のこの日に、教皇ヨハネ・パウロ2世がその破門についての裁判の誤りを認め、ガリレオの破門を解き謝罪した上でその名誉を回復させました。

ただ、ガリレオのエピソードに象徴されるような「宗教vs科学」という構図は啓蒙主義や科学至上主義が隆盛となった19世紀以降に作り上げられたものだと言われています。ガリレオの当時は教会に限らず世の中全体が天動説を信じていましたから、教会の本音としては「地動説が間違っている」という理由ではなく、「世の中を混乱させるな」という理由で彼を有罪としてしまったようです。

神様に誤りはありませんが、教会は神様ではなくあくまで人間の集合体ですから誤りをおかします。誤らないことも大切ですが、誤った時にどうするか、こちらの方が人間にとって大切なんだと思います。

それではまた明日。
主にありて。

Share

Related Posts

  1. 【連載小説】月の都(33)下田ひとみ

  2. 4月17日「自分の体を、献げなさい」

  3. 4月20日「神の怒りに任せなさい」

  4. 【今日は何の日】1493年9月24日 パラケルススの誕生日

  5. モアイはどうやって立ったのか

  6. 【宗教リテラシー向上委員会】 コロナ禍での拠り所 與賀田光嗣 2020年8月11日

  7. 【聖書の不思議あれこれ!】第1回 「神」ってナニよ?その1 パダワン青木

  8. 2月18日「一人でも滅びることは、御心ではない」

  9. 【トナリビトの怪】(4)怪談「ジーマー」 波勢邦生 『アーギュメンツ#3』

  10. 【連載小説】月の都(21)下田ひとみ

  11. 【連載小説】月の都(30)下田ひとみ

  12. 【日本人のみたキリスト教「今昔」】第4回 「自分の足で歩め」歴史学者・笠原一男 2020年7月30日

  13. 【毎月1日連載】牧会あれこれ(24)「私の死と私の物語

  14. 10月18日は長岡輝子の召天日

  15. 2020年12月15日「イエスは、自ら十字架を背負い」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。