【今日は何の日】1886年11月1日 萩原朔太郎の誕生日

主の御名をあがめます。

今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1886年11月1日 萩原朔太郎の誕生日

萩原朔太郎は大正時代に生きた詩人で、口語自由詩を確立し「日本近代詩の父」とも呼ばれます。「のをあある とをあある やわあ」なんて、国語の教科書で読んで、そこだけ覚えている方も少なからずいるかもしれません。

朔太郎はクリスチャンではありませんでしたが、処女作かつ代表作となった1917年の「月に吠える」を出す前の、おそらく1915年か16年頃に、「人生とはなんだ」とか「自分はどうして生きるのか」とかについてかなり悩んで沈み込んでしまった時期があったそうですが、その時にドストエフスキーの作品を通してキリスト教の考え方を知り、心を持ち直したと言われています。

しかし、それ以外はあまりキリスト教に没頭したわけではなく、「仏教に比べるとキリスト教はかなり幼稚だ」なんて論評を書いたりしています。でもキリスト教に対する評価はともかく、当時としてはかなりキリスト教や聖書に親しんだ方だということは分かります。もともと西洋文化を好む人でマンドリン奏者としても有名なくらいでしたから、文化としてのキリスト教や聖書には興味があったんでしょうね。

今日は本当は「諸聖人の日」とか「全聖徒の日」とかを扱うべき日なんでしょうけど、個人的な好みで朔太郎さんにしました。実は大好きなんです、朔太郎さん。そんなわけで「諸聖人の日」とか「全聖徒の日」について知りたい方はwikipediaとかで調べてください。すぐに出てきますから。

それではまた明日。
主にありて。

Share

Related Posts

  1. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第7回 日ごとの「かて」 齋藤篤

  2. 死んでから復活したら生命保険はどうなる? 

  3. 自殺願望とコロナ室 【アメリカのコロナ病棟から 関野和寛のゴッドブレス】第6回

  4. 牧会あれこれ(15)賀来周一

  5. 【夕暮れに、なお光あり】 ひとあし、またひとあし 川﨑正明

  6. 新連載小説「月の都」──キリスト者の自死に射す一条の光 下田ひとみ

  7. 6月12日「固く結び合いなさい」

  8. 2月8日「両方とも育つままにしておきなさい」

  9. 2020年8月5日「自分を吟味しなさい」

  10. 5月3日「わたしが来たのは、罪人を招くため」

  11. 2020年9月17日「わたしたちが救われるべき名」

  12. 2020年11月13日「感謝の祈りを唱えて」

  13. 1月24日「よろしい。清くなれ」

  14. 「野球の神様」を産んだのは神に仕える人でした 〜ベーブ・ルースの誕生日〜

  15. 【宗教リテラシー向上委員会】 マッツァー(種なしパン)は「自由の味」? 山森みか

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。