【今日は何の日】1989年11月5日 雨の中嶋伝説

主の御名をあがめます。

今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1989年11月5日 雨の中嶋伝説

Satoru Nakajima demonstrating Lotus 101 2011 Japan

Morio, CC BY-SA 3.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0>, via Wikimedia Commons

日本人初のフルシーズンのF1ドライバーとなった中嶋悟さんは、雨の日のレースに強いと有名で「雨のナカジマ」と呼ばれました。中でも1989年の最終戦オーストラリアグランプリでは、豪雨の中で他のドライバーが次々とリタイアしたりスローダウンしたりする中でたんたんと走り続け、日本人初のファステストラップ(その日のレースで最も早い周回)を記録しました。その他のレースでも、他のドライバーが苦手とする雨の日に好記録を残しました。

そんな中嶋さんにあるインタビュアーが「明日のレースは雨予報ですから、中嶋さんは得意ですよね」と尋ねました。すると、中嶋さんはこんな風に答えました。「いやいや、誰だって雨のレースは苦手ですよ。僕だって嫌です」

凡人から見れば、中嶋さんにとっての雨は

わたしは時にかなってあなたがたに雨を与える。それにより地は産物を出し、畑の木々はその実を結ぶ。(レビ26:4)

のように見えたかもしれませんが、実際は

雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家を襲っても、家は倒れませんでした。岩の上に土台が据えられていたからです。(マタイ7:25)

のようなことだったのかもしれません。

ちなみに中嶋さんは1987〜89年にロータスというチームに所属していましたが、そのチームメイトは87年はあのアイルトン・セナ、88〜89年はこのコーナーでも取り上げたネルソン・ピケでした。89年から所属したティレルではジャン・アレジがチームメイトでした。F1ファンの方なら「ええ!なんと豪華すぎるチームメイト!」とヨダレを垂らしてしまうほどのF1史上にのこる面々です。

それではまた明日。
主にありて。

Share

Related Posts

  1. 神さまが共におられる神秘(44)稲川圭三

  2. 2020年10月27日「言の内に命があった」

  3. 【今日は何の日※臨時】2020年9月27日 正代が熊本県出身初の優勝力士になった日

  4. 2020年8月26日「モーセと預言者に耳を傾けないのなら」

  5. 思い出の杉谷牧師(7)下田ひとみ

  6. 【毎月1日連載】牧会あれこれ(22)賀来周一

  7. 2020年8月2日「わたしたちの戦いの武器は、神に由来する力」

  8. 【今日は何の日】2004年11月15日 ワイ公国建国

  9. 2月14日「この岩の上にわたしの教会を建てる」

  10. 4月24日「強くない者の弱さを担う」

  11. 【クリスチャンな日々】第12回 伏線は、3500年かけて。 MARO 

  12. コロナ室で握手してもいいですか? 【アメリカのコロナ病棟から 関野和寛のゴッドブレス】第4回

  13. 【くめさゆりのDAY BY DAY】第4回 バイブル的グルメのおはなし 久米小百合

  14. 神さまが共におられる神秘(63)稲川圭三

  15. 5000円札の現在・過去・未来とキリスト教

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。