【今日は何の日】11月11日 聖マルティヌスの祝日

主の御名をあがめます。

今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆11月11日 聖マルティヌスの祝日

Blindheim St. Martin Decke 025

GFreihalter, CC BY-SA 3.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0>, via Wikimedia Commons

4世紀ごろに生きた聖マルティヌスの誕生日とも忌日とも言われるこの日ですが、とにかく聖マルティヌスさんをお祝いする日です。別名「サン・マルタンの日」とも呼ばれます。

この季節になるとボジョレー・ヌーボーの解禁が話題になりますが、もともとこの解禁日はワインの守護聖人とされる聖マルティヌスの祝日の11月11日
でした。しかし、この日がフランスの酒屋さんの定休日である日曜日にあたってしまうと売れ行きが落ちてしまう、という理由から、1984年にボジョレー・ヌーボーの解禁日は11月の第3木曜日ということになりました。

さて、このマルティヌスさんにはこんな逸話が残っています。あるとても寒い日にマルティヌスさんの前に裸のホームレスが現れました。マルティヌスさんはそのホームレスを気の毒に思い、自分のマントを引き裂いて彼に与えました。するとその夜、夢にイエス様が現れて「君はクリスチャンでもないのに、僕にマントを与えてくれたね。ありがとう」と言いました。裸のホームレスはイエス様だったんです。これに感動してマルティヌスはキリスト教徒になったのだそうです。

ちょっと日本の昔話の「笠地蔵」を思い出すような話です。笠地蔵とボジョレー・ヌーボーの意外な関係。

それではまた明日。
主にありて。

Share
関連記事

Related Posts

おすすめ