【今日は何の日】1978年11月18日 「人民寺院」の事件

主の御名をあがめます。

今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1978年11月18日 「人民寺院」の事件

「人民寺院」はアメリカで発祥した「キリスト教系」カルト宗教で、1978年のこの日、ガイアナに教団が開拓した街、ジョーンズタウンで教祖ジム・ジョーンズと信者あわせて900人以上の大量殺人(集団自殺)が起こりました。カルト宗教の起こした事件の中でも史上最悪な結果を招いたものの一つです。

ジョーンズは「資本主義国に生まれれば罪を避けられない。しかし社会主義国に生まれれば罪にまみれずにすむ」と、宗教と社会主義を融合させた独自の教義を立てて活動しました。やがて、聖書自体を否定するようになり、そして他の多くのカルトと同じように自らをイエス・キリストや仏陀の生まれ変わりであるとしました。また、レーニンの生まれ変わりも自称したようです。その一方で「宗教という阿片から人々を解放するために宗教を使った」とか「無神論者であった」との証言もあります。

彼の最後の演説テープには「我々は自殺するのではない。この非人道的な世界の状況に対抗するために革命的自殺という行動を行うのです」

この事件やオウム事件などによって「宗教は怖い、危険だ」という認識が広まりましたが、「このような破滅的な出来事を起こした宗教団体は人民寺院やオウム真理教も含めて5つしかない」という主張もあります。いずれにせよ、カルトからはしっかりと身を守ることが必要です。カルトを見分ける基準は「教義が正しいか否か」も大切ですが、それよりも「個人崇拝」「人権侵害」「違法行為」そして「搾取」です。これらが生じている団体からは、それが宗教団体であれ他の団体であれ、距離を置くことが必要です。

それではまた明日。
主にありて。

Share

Related Posts

おすすめ