【今日は何の日】1557年11月22日(弘治3年11月2日) 織田信長が織田信行を暗殺

主の御名をあがめます。

今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1557年11月22日(弘治3年11月2日) 織田信長が織田信行を暗殺

尾張国の主導権をめぐって長く争っていた織田信長・信行兄弟ですが、この日に兄信長が仮病を使って、清洲城に見舞いに来た信行を暗殺してしまいました。大河ドラマ「麒麟がくる」でも印象的に描かれたシーンでした。

兄弟同士で争わないといけないなんて戦乱の世は恐ろしい・・・と嘆きたくもなりますが、聖書を読んでみると人が兄弟同士で争うのは戦乱の世だけではありません。アダムとイブから生まれ、「世界初の兄弟」となったカインとアベルからして、兄カインが弟アベルを殺してしまいましたし、アブラハムの孫でありイサクの息子であったエサウとヤコブの双子兄弟も殺すまではしませんでしたが、熾烈な争いをしました。

現代でも遺言や相続のゴタゴタを見ていると「人って、兄弟だからこそ争うのかな」なんて思ってしまうほどです。イエス様も「何か良いことをしたいなら、その前にまず兄弟と仲直りしろ」と言っていますから、イエス様の周りでも仲の悪い兄弟はたくさんいたのでしょう。

もちろん仲の良い兄弟だってたくさんいますけど、「兄弟は仲良しで当たり前」ではなく「兄弟仲良くてありがたい!」と思う方が良いのかもしれません。
それではまた明日。
主にありて。

Share

Related Posts

  1. 【宗教リテラシー向上委員会】 コロナ禍と米国の「宗教の自由」論争 藤井修平

  2. 「最も古い日食の記録」は『聖書』か『歴史』か。

  3. 教皇も避けた「13」という数字が不吉とされる本当の理由

  4. 5月15日「悪霊は、もう出てしまった」

  5. 5月18日「いつまで、共におられようか」

  6. 2月3日「人の子は安息日の主」

  7. 【今日は何の日】1954年7月30日 エルヴィス・プレスリーの初パフォーマンス

  8. 6月23日「神から賜物をいただいている」

  9. 2020年9月23日「なぜわたしを迫害するのか」

  10. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(109)稲川圭三

  11. 2020年9月30日「バルナバは、連れていきたいと思った」

  12. 2月15日「自分の十字架を背負って」

  13. 5月30日「まだ、世の終わりではない」

  14. 【今日は何の日】1270年8月25日 聖王ルイ(ルイ9世)が病没

  15. 【クリスチャンな日々】第21回 白と深緑とどっちが偉いか。 MARO

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。