【今日は何の日】1557年11月22日(弘治3年11月2日) 織田信長が織田信行を暗殺

主の御名をあがめます。

今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1557年11月22日(弘治3年11月2日) 織田信長が織田信行を暗殺

尾張国の主導権をめぐって長く争っていた織田信長・信行兄弟ですが、この日に兄信長が仮病を使って、清洲城に見舞いに来た信行を暗殺してしまいました。大河ドラマ「麒麟がくる」でも印象的に描かれたシーンでした。

兄弟同士で争わないといけないなんて戦乱の世は恐ろしい・・・と嘆きたくもなりますが、聖書を読んでみると人が兄弟同士で争うのは戦乱の世だけではありません。アダムとイブから生まれ、「世界初の兄弟」となったカインとアベルからして、兄カインが弟アベルを殺してしまいましたし、アブラハムの孫でありイサクの息子であったエサウとヤコブの双子兄弟も殺すまではしませんでしたが、熾烈な争いをしました。

現代でも遺言や相続のゴタゴタを見ていると「人って、兄弟だからこそ争うのかな」なんて思ってしまうほどです。イエス様も「何か良いことをしたいなら、その前にまず兄弟と仲直りしろ」と言っていますから、イエス様の周りでも仲の悪い兄弟はたくさんいたのでしょう。

もちろん仲の良い兄弟だってたくさんいますけど、「兄弟は仲良しで当たり前」ではなく「兄弟仲良くてありがたい!」と思う方が良いのかもしれません。
それではまた明日。
主にありて。

Share

Related Posts

おすすめ