【今日は何の日】1632年11月24日 スピノザの誕生日

主の御名をあがめます。

今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1632年11月24日 スピノザの誕生日

スピノザは17世紀の哲学者で、それまで「当たり前」とされていた「神」の在り方を根底からくつがえすような思想を発表しました。それでキリスト教会から怒られて100年もの間、その著書は表舞台から姿を消しましたが後に再評価され、カントやヘーゲル、さらにはマルクスなどにも影響を与えました。彼がいなければ世界は今とまったく違うものになっていたかもしれません。

彼の思想は「無神論」と攻撃されましたが、彼自身決して「神そのもの」は否定しませんでしたし、その思想の根拠となっていたのも聖書でした。しかし神を神学ではなく、哲学の枠組み(理性)によって検証しようとし(理神論)、その結果、神に人格はないのではないか、とか、神はあらゆるものの内に存在するのではないか(汎神論)、との考えに至り、それが教会の教義と異なるものだったので怒られてしまったわけです。この汎神論というのは「神即自然」と表現され、「あらゆるものに神が宿る」とする日本の神道に近い考え方です。

現在ではこのスピノザの流れにある教派も多々あります。「元祖リベラル神学」と言っても良いかもしれません。
それではまた明日。
主にありて。

Share
関連記事

Related Posts

おすすめ