教皇フランシスコ聖下の誕生日 〜庶民的でユーモア溢れる教皇〜

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1936年12月17日 教皇フランシスコ聖下の誕生日

現在の教皇フランシスコ聖下は初代教皇のペテロから数えて266代目の教皇で、アメリカ大陸出身で初の教皇です。また、ヨーロッパ以外の出身者としてもグレゴリウス3世以来1272年ぶりの教皇です。2013年に即位したとき、日本では「フランシスコ1世」と呼ぶべきではないかとの議論もありましたが、教皇庁からの通知で「1世」をつけず「フランシスコ」と呼ぶことになったそうです。

庶民的でユーモアのある教皇として多くの人に愛される一方、質素な生活を好む方でたくさんの贈り物をもらっても、そのほとんどを他の人に与えてしまうそうです。教皇就任を祝うために母国アルゼンチンからたくさんの人が来ようとした時は、「その飛行機代を貧しい人に与えて欲しい」とのメッセージを送りました。

12歳の時に幼なじみに初恋をして、「君と結婚できなければ司祭になる」とプロポーズしましたが、相手のご両親の反対もあって失恋してしまい、それが直接のきっかけだったかどうかは分かりませんが、結果的に本当に司祭になり、そしてその頂点であるローマ教皇にまでなってしまいました。もしその初恋が実っていたら・・・。「災い転じて福となす」と言いますが、「失恋転じて教皇となす」、まさに神様の導きの凄さを感じます。

それではまた明日。

Share
関連記事

Related Posts

おすすめ