キリスト教界のスーパー音楽プロデューサーは、世界最古のゴスペルミュージシャン?

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1707年12月18日 チャールズ・ウェスレーの誕生日

チャールズ・ウェスレーは、「メソジストの創始者」として有名なジョン・ウェスレーの弟で、兄と共にメソジスト運動を指導した人です。著述と説教に力を発揮した兄に対して、弟チャールズは讃美歌の分野で大いに力を発揮しました。彼が生涯に手がけた讃美歌は作詞・作曲・編曲を合わせると何千にも及ぶそうです。クインシー・ジョーンズも、スティービー・ワンダーも小室哲哉もびっくりです。まさにスーパー・プロデューサー!!
しかも現在も多くの曲が教会で歌われ続けています。自分の作った曲が300年も愛され続けるなんて、ミュージシャン冥利につきますよね。憧れます。

(c) John Wesleys House & The Museum of Methodism; Supplied by The Public Catalogue Foundation

その功績を称えて、1995年にはゴスペル・ミュージック・アソシエーションから「ゴスペルの殿堂」にその名が加えられました。「ゴスペルの祖」として認められたということで、つまりチャールズさんは「世界最古のゴスペル・ミュージシャン」だと言えます。

40歳の時に、17歳年下の女性と結婚しました。ミュージシャンって大きく歳の離れた奥さんをもらう方が少なくないですよね。この点、チャールズさんも大いにミュージシャンらしさを発揮しています。そして8人の子どもを残しましたが、そのうち二人もまた、ミュージシャンとして活躍しました。

それではまた明日。

Share

Related Posts

  1. 2月2日「だれでもわたしのもとに来なさい」

  2. サリヴァン先生が経験した絶望と希望

  3. 2020年9月26日「熱心な祈りがささげられていた」

  4. 【クリスチャンビギナーズ】第1回 聖書について教えて!

  5. 【連載小説】月の都(20)下田ひとみ

  6. 【宗教リテラシー向上委員会】 カハル(会衆)とデモ 山森みか 2020年9月1日

  7. 世界で最も愛されるクリスマス・ストーリーが生まれた日

  8. 【宗教リテラシー向上委員会】 ウィズコロナ時代の教会(2) 川島堅二 2020年9月11日

  9. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(85)稲川圭三

  10. 神さまが共におられる神秘(22)

  11. 4月25日「神の霊の力によって」

  12. クラファン応援!限定公開【大頭眞一の「焚き火」日記】 石川ヨナ之巻(3) 2020年10月11日

  13. 2020年7月26日「古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた」

  14. 5月22日はコナン・ドイルの誕生日

  15. 【教会では聞けない?ぶっちゃけQ&A】 義父母に教会へ行くことを止められている… 西岡まり子

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。