キリスト教界のスーパー音楽プロデューサーは、世界最古のゴスペルミュージシャン?

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1707年12月18日 チャールズ・ウェスレーの誕生日

チャールズ・ウェスレーは、「メソジストの創始者」として有名なジョン・ウェスレーの弟で、兄と共にメソジスト運動を指導した人です。著述と説教に力を発揮した兄に対して、弟チャールズは讃美歌の分野で大いに力を発揮しました。彼が生涯に手がけた讃美歌は作詞・作曲・編曲を合わせると何千にも及ぶそうです。クインシー・ジョーンズも、スティービー・ワンダーも小室哲哉もびっくりです。まさにスーパー・プロデューサー!!
しかも現在も多くの曲が教会で歌われ続けています。自分の作った曲が300年も愛され続けるなんて、ミュージシャン冥利につきますよね。憧れます。

(c) John Wesleys House & The Museum of Methodism; Supplied by The Public Catalogue Foundation

その功績を称えて、1995年にはゴスペル・ミュージック・アソシエーションから「ゴスペルの殿堂」にその名が加えられました。「ゴスペルの祖」として認められたということで、つまりチャールズさんは「世界最古のゴスペル・ミュージシャン」だと言えます。

40歳の時に、17歳年下の女性と結婚しました。ミュージシャンって大きく歳の離れた奥さんをもらう方が少なくないですよね。この点、チャールズさんも大いにミュージシャンらしさを発揮しています。そして8人の子どもを残しましたが、そのうち二人もまた、ミュージシャンとして活躍しました。

それではまた明日。

Share
関連記事

Related Posts

おすすめ