讃美歌の著作権保護の仕組み 〜今日はJASRACの誕生日〜 

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1939年12月20日 大日本音楽著作権協会設立

大日本音楽著作権協会は現在の日本音楽著作権協会、即ちJASRACの前身となった組織で、現在も事実上、日本の音楽の大半の著作権を管理しています。

さて、そのJASRACが守る音楽著作権の期間は、著作権法によって「作者の死後70年まで」と決まっています。作者の死後70年が経つと簡単に言えばいわゆる「著作権フリー」となるわけです。

しかし、不思議なことに教会で使う讃美歌集や聖歌集にも、JASRACのシールが貼ってあったりします。ここに収録されている曲の作者のほとんどはとうの昔に死後70年が経過しています。これはどういうことなのでしょう。

実は著作権には翻訳著作権というのもありまして、原曲の歌詞を誰かが翻訳した場合、その翻訳者に訳詞の権利が与えられるんです。と、いうわけで、歌詞が翻訳されている歌の場合、歌詞の翻訳者の死後70年が経過しないと「著作権フリー」にはならないという仕組みです。(以前は50年だったのですが、TPPの発効により2018年から延長されました。)

何かと悪者にされがちなJASRACですが、この件に関しては「JASRACがあくどい!」というわけでは決してなく、多くの国で年限や細かい点の差異こそあれ、これに近い著作権の運用がなされています。

ちなみに聖書も翻訳から70年が経たないと「著作権フリー」にはなりません。
それではまた明日。

Share

Related Posts

  1. 3月24日は速水優の誕生日

  2. 2020年11月21日「あなたは、もうその人を見ている」

  3. 4月28日「神は、あなたがたを強めることがおできになります」

  4. 2020年8月12日「あなたがたに耳を傾ける者は、わたしに耳を傾け」

  5. 2020年11月5日「わたしが与える水を飲む者は」

  6. 神さまが共におられる神秘(78)稲川圭三

  7. 【夕暮れに、なお光あり】 復活の生命の力があるように 細川勝利

  8. 【今日は何の日】1874年11月30日 L・M・モンゴメリの誕生日

  9. 6月2日「十字架を無理に担がせた」

  10. 神様に、バベルの塔が怒られてスカイツリーが怒られない理由

  11. 【今日は何の日】1558年11月17日 メアリー1世の忌日

  12. 【今日は何の日】7月13日 ハリソン・フォード誕生日

  13. 【今日は何の日】1867年7月14日 浦上四番崩れ

  14. クリスマスと天皇制の意外な関係!?「天皇の祝日」をめぐるあれこれ

  15. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(88)稲川圭三

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。