クリスマスと天皇制の意外な関係!?「天皇の祝日」をめぐるあれこれ

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

12月23日 上皇陛下の誕生日

2018年まで、12月23日は「天皇誕生日」として祝日でした。しかし天皇譲位により2月23日が「天皇誕生日」として祝日となり、2019年から12月23日は平日となりました。特に「先帝祭」などとして祝われることも、今のところはなさそうです。平成時代の御代には12月23日の休日を「クリスマスの準備の日」として活用していたクリスチャンや教会も多かったのではないでしょうか。でも実は日本でもクリスマス当日が祝日とされた時代もあったんです。

昭和から平成に御代が変わった時は、昭和の「天皇誕生日」の4月29日は「みどりの日(のちに昭和の日)」として、祝日のままとされました。また、現在の「文化の日」11月3日は、明治天皇の誕生日でした。明治と昭和の天皇誕生日は祝日のままで、大正と平成の天皇誕生日は平日とされたことになります。いろいろ事情はあるのでしょうが、なんだかちょっと不公平を感じる話でもあります。

しかし、大正天皇については、誕生日は祝日として保たれませんでしたが、崩御日の12月25日は1927年から1947年まで「先帝祭」として祝日とされていました。はい、たまたまですがクリスマスと同じ日なんです。祝日の意図は違うんですけど、偶然にもクリスマスの日が祝日となっていたんです。このことが、日本にクリスマスの風習が定着した一つの原因だとされています。大正天皇が別の日に崩御していたら、日本のクリスマスはずいぶん変わったものになっていたかもしれないんです。

天皇制とクリスマス、相反するように見える二つのキーワードですが、こんなつながりがあったりもするんです。
それではまた明日。

Share
関連記事

Related Posts

おすすめ