ピーター・パンとダビデ王の意外な共通点

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1904年12月27日 『ピーター・パン』が初演された日

『ピーター・パン』はディズニー映画として有名ですが、もともとはジェームス・バリーという人が舞台用に書いた戯曲『ピーター・パン:大人にならない少年』という作品で、それが初めて演じられたのが1904年の12月27日です。ディズニーの映画になったのは1953年ですから、約半世紀前ということになります。

日本の舞台で『ピーター・パン』が演じられる時は、主役のピーター・パンは女性が演じるのが通例になっていますが、これは1904年の初演の時もそうだったようです。また、ジェームス・バリーは晩年に旧約聖書のダビデ王の少年時代を描いた『少年ダビデ』という戯曲を書きましたが、こちらの作品も主役のダビデは女性が演じていました。今では少年役を女性が演じるのも当たり前になっていますが、当時は珍しいことでした。ダビデとピーター・パンの意外な共通点。これから聖書でダビデのシーンを読むときはピーター・パンを想像すると楽しいかもしれません。

ちなみにこの作品のヒロインはウェンディという名前はこの当時には非常に珍しい名前でしたが、この作品のヒットによって子どもにウェンディと名付ける親が急増し、今では一般的な名前になっています。『鬼滅の刃』を観て「炭治郎」とか、その登場人物の名を子どもにつけるようなものですかね。好きなアニメのキャラの名前を子どもにつけるのって、現代に特有の現象ではなくて、昔からあったんですね。

それではまた明日。

Share

Related Posts

  1. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第12回 肉を断つ 齋藤篤

  2. 「ラプンツェル」のモデルかも!? 〜聖バルバラの記念日〜

  3. 自らを銃撃した犯人をゆるしたローマ教皇ヨハネ・パウロ2世

  4. 神さまが共におられる神秘(24)稲川圭三

  5. 6月19日「あなたがたはキリストのもの」

  6. 神さまが共におられる神秘(51)稲川圭三

  7. 【今日は何の日】1931年11月3日 宮沢賢治が手帳に「雨ニモ負ケズ」を記した日

  8. 1月23日「私のこれらの言葉を聞いて行う者」

  9. 3月27日「神の恵みにより、義とされる」

  10. 6月23日は沖縄慰霊の日

  11. 8月8日は星野道夫が亡くなった日

  12. 意外と知らない「母の日」の由来

  13. 【東アジアのリアル】 香港の神学校で学んだミャンマーの神学教師たち 松谷曄介

  14. 「Go To」から「Go Beyond」へ 【アメリカのコロナ病棟から 関野和寛のゴッドブレス】第7回

  15. 初めての大統領選挙 ジョージ・ワシントンの精神

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。