クリスチャンの「一富士二鷹三茄子」 二人のヨセフと夢の話

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1月2日 初夢

日本の風習で「初夢」というのは12月31日から1月1日にかけて見る夢ではなく、1月1日から1月2日にかけて見る夢のことを指します。この夢が吉夢だとその一年は良い年、悪夢だと悪い年、と占ったりもします。特に「一富士二鷹三茄子」と、富士山、鷹、ナスの出てくる夢は大吉夢とされています。皆様は昨夜どんな夢をご覧になったでしょうか。

さて、キリスト教では原則として占いが禁止されています。人の未来を知っているのは神様だけであって、占い師であってもそれを知ることはできず、それを「知っている」とか「知ることができる」として予言を行うのは人の心を惑わす偶像礼拝として避けるべきこととされているんです。ですから夢占いもキリスト教では原則として行いません。「聖書にも予言者が出てくるじゃないか!」と反論もあるかもしれませんが、聖書に出てくるのは「預言者」であって「予言者」ではありません。「神様の言葉を預かる人」であって、「予知する人」ではないんです。

しかし聖書にはいくらか「これは夢占いじゃないの?」と思えるような記述も出てきます。旧約聖書のヨセフの「夢占い」が有名ですし、新約聖書でもイエスの父ヨセフが夢のお告げを受けたりしています。夢占いはダメだけれど、神様が夢を通して語りかけることはある、ということでしょうか。どちらも名前がヨセフだというところに何か意味はあるのでしょうか、それともたまたまでしょうか。

いずれにせよ、悪い夢を見るより良い夢を見た方がいいですから、皆様良い夢を。
それではまた明日。

Share

Related Posts

  1. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第3回 神様の食事 齋藤篤

  2. アイルトン・セナという生き方

  3. ボウリングと聖職者とギャンブルの意外な関係

  4. 【くめさゆりのDAY BY DAY】第8回 あなたは犬派?猫派? 久米小百合

  5. 8月8日は星野道夫が亡くなった日

  6. 5月12日「深く憐み、教え始められた」

  7. 神さまが共におられる神秘(25)稲川圭三

  8. 【今日は何の日】1492年8月11日 初のコンクラーベにより、アレクサンドル6世が選出される。

  9. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第5回 これはジュースだ! 齋藤篤

  10. 2020年8月22日「一緒に喜んでください」

  11. 【今日は何の日】1963年7月21日 ジャイアント・シルバ誕生日

  12. 4月1日「永遠の命に導くのです」

  13. 2020年11月26日「いつも一緒にいるわけではない」

  14. 3月24日「キリスト・イエスを通して、明らかになるでしょう」

  15. 【連載小説】月の都(16)下田ひとみ

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。