007の誕生日? ジェームズ・ボンドの本当の姿

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスにお越しいただきありがとうございます。

1900年1月4日 ジェームズ・ボンドの誕生日

James Bond 1974

Jerry Freilich, CC BY-SA 3.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0>, via Wikimedia Commons

ジェームズ・ボンドさんは1900年1月4日にアメリカのフィラデルフィアで生まれ、14歳の時にイギリスに引っ越し、大学卒業後アメリカに戻って銀行員として働き、しかし「自然のことをもっと知りたい!」と銀行を辞めて学者を志し、やがてカリブ海に生息する鳥類の専門家に・・・

え?何の話をしているのかって?もちろんジェームズ・ボンドさんについてですよ。あぁ、でもすみません、ジェームズ・ボンドはジェームズ・ボンドでも、僕のお話ししているのは「007」でお馴染みのスパイのジェームズ・ボンドさんではなく、そのジェームズ・ボンドの名前の由来となった鳥類学者のジェームズ・ボンドさんの話です。紛らわしくてすみません。

007の企画を考えていた小説家のフレミングさんは、主人公にぴったりの名前を探していました。バードウォッチングが趣味だった彼は、ボンドさんの書いた本を持っており、その名前を見たときに「これだ!」と思いついたんだそうです。それで「あなたの名前を使わせてください!」とボンドさんにお願いしたらあっさりと「どうぞー」と快諾されたのだそうです。

聖書ではしょっちゅう「同じ名前の人」が登場します。ヤコブの息子ヨセフとイエスの父ヨセフとか、ヤコブの息子ユダと使徒ユダ・タダイと裏切り者のイスカリオテのユダとか、使徒ヨハネと洗礼者ヨハネとか。使徒ピリポと使徒じゃないピリポなんて、新約聖書を普通に読むだけではまず別人物だと気づくことはできません。欧米では現代でも残っている風習ですが、聖書の世界では生まれた子どもに父親や祖父の名前をつけることがとても多かったんです。それで名前のバリエーションが少なく、しかも苗字という概念もないので非常にややこしいことになってしまっているんです。さらにしかも日本と違って漢字もないですからね、余計に同姓同名が発生しやすいんですね。

それではまた明日。

Share

Related Posts

  1. 【毎月1日連載】牧会あれこれ(19)賀来周一

  2. 【東アジアのリアル】 香港の「自由」はまだ死んでいない 小出雅生

  3. 2020年7月22日「憐れみを受けた者として」

  4. 【連載小説】月の都(10)下田ひとみ

  5. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第14回 豆談義(その2)豚が食らう豆 齋藤篤

  6. 3月12日「剣を取る者は、剣で滅びる」

  7. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(98)稲川圭三

  8. 牧会あれこれ(1)賀来周一

  9. 【連載小説】月の都(6)下田ひとみ

  10. 本当は画家ではなく聖職者になりたかったゴッホ

  11. 【連載小説】月の都(56)下田ひとみ

  12. 歌舞伎メイクのイエス・キリスト

  13. 神さまが共におられる神秘(19)稲川圭三

  14. 9月2日はトールキンが亡くなった日

  15. 【連載小説】月の都(57)下田ひとみ

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。