「Mr.一万円札」のあの人はキリスト教を排斥した?

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1835年1月10日 福沢諭吉の誕生日

来年のNHK大河ドラマの主人公は渋沢栄一さんで、2024年から一万円札の肖像に描かれることが決まっていますが、1984年から40年にもわたって一万円札の肖像を勤め上げている人が、福沢諭吉です。あの聖徳太子でさえ、一万円札の肖像だったのは1958年から1986年までの28年間です。

さて、福沢諭吉はキリスト教を嫌ったことで有名で、内村鑑三からは「宗教の大敵」とまで呼ばれるほどでした。しかし実はキリスト教の宣教師たちとも中が良かったようで、中でもアレクサンダー・クロフト・ショーという宣教師には、自分の子供たちの家庭教師の職を与え、自邸の隣に家を建てて住まわせたほどだったそうです。そしてアレクサンダーに学問を教わった福沢家の子供たちは後に何人もクリスチャンになりました。

諭吉先生自身、若い頃はキリスト教を確かに嫌ったようですが、歳を重ねるに連れて「宗教も新しいものが必要だ」という考えに変わっていったのだと言われています。

それではまた明日。

Share

おすすめ