槍の又左は戦国のゴリアテ? 〜前田利家とキリシタン〜

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1538年1月15日(天文7年12月25日) 前田利家の誕生日

大河ドラマ「利家とまつ」でおなじみの方も多いかもしれません。豊臣秀吉に仕えた五大老、加賀百万石の礎を作った前田利家は旧暦ではクリスマス生まれでした。

と言っても、彼自身は特にキリシタンだったわけではありません。しかし宣教師たちのもたらす文化や科学的知識は評価していましたし、キリシタンに対して好意的な人だったようです。客将であった高山右近はキリシタンとして有名な人ですが、彼が秀吉のキリシタン弾圧により処刑されそうになったときは庇ったりもしています。

利家の子、前田利長は宣教師たちを「真の宗教家」と呼び、ルイス・フロイスの記録によれば洗礼を受けてキリシタンになりたいと言っていたともされます(実際にはならなかったようですが)。

男性の平均身長が157cmだった当時、180cmを超える長身で6m30cmの槍を振り回す戦場での利家の姿は非常に目立ったそうです。まさに「戦国のゴリアテ」。ゴリアテはダビデに負けてしまいましたが、利家は戦上手で知られ60歳の天寿をまっとうしたので、利家の方がすごいですね。

それではまた明日。

Share

おすすめ